人気ブログランキング |
Top
タグ:街学 ( 68 ) タグの人気記事
Top▲ |
事務所移転!
明日から!事務所が移転します。
神宮前の現事務所から、新事務所は西新宿に移転します!
c0225122_1053920.jpg

住所は、
160-0023 新宿区西新宿4-32-4ハイネスロフティ709
TEL:03-6276-7636 FAX:03-6276-7637 デス。
最寄駅は、大江戸線都庁前駅もしくは京王線初台駅。大ざっぱに言うと、都庁の西側の公園の西側です。
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-07-28 10:05 | 建築と関係のない話 | Comments(2)
九段下駅前の歩道石割り!
昨年の冬にとある場所の歩道の石割り付け図面を紹介しましたが、現場に行ってみたところ施工が終わっていました!
c0225122_2158381.jpg

こちらが以前作成した割付図面です。
それが
c0225122_21583973.jpg

このように舗装できていました。
場所は、靖国通りの九段下交差点から田安門交差点までの歩道両側。千鳥ヶ淵・九段会館・靖国神社・日本武道館などに行く時には、私が描いた図面の石割上を歩いていく形となります。笑。
c0225122_2159466.jpg

300角のブルーとホワイトが透水性平板で、300*600のがスリット入りの御影石です。透水性平板の目地は砂で2mm幅、御影石の目地はモルタルで6mm幅。
c0225122_21592456.jpg

c0225122_21593512.jpg

御影石には、雨天時等の転倒やスリップ防止の為、進行方向と90度の向きに幅4mm*深さ1.5mmのスリット状の溝をつけています。実際靴底で両方向にこすってみても滑り感がやはり違いますね。この靖国通り沿いは靖国神社から九段下交差点に向けて下り坂になっていて、特に路面仕上げには注意が必要ですね。花見シーズンに千鳥ヶ淵に行かれる方は是非足元もみてみて下さいね。
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-06-25 22:00 | 建築と街 | Comments(2)
麻布十番温泉跡地!
先日Tformのショールームに行くのに、麻布十番商店街を歩きました!
以前、前所属会社関係でこの界隈を調査した事があり、久しぶりに訪れました。
c0225122_2242386.jpg

この商業ビルができた頃、1年半前程ですが、ちょうどリーマンショック後ということもあり、この建物もなかなかテナントが着かない状況でした。
c0225122_2214171.jpg

完成したものの、テナントが入ってくれない。オーナー会社としてはかなり苦しいですよね。この頃はこの界隈で同規模の開発が沢山あり、更地になり建築計画の立て看板は立つものの、収支予測がつかず、または新興系の中小ディベロッパー・不動産会社(いわゆるカタカナ系の不動産会社)が相次いで倒産する状況で、建物が建たないor建ててもテナントがつかない歯抜け状態でした。
小規模商業ビルでは、だいたい1、2層までが飲食店舗、3層以上がサービス業・賃貸オフィスという層構成になりますね。以前はこの界隈の既存テナントに空室が多く、無理して新築の高いテナント料を払って入居しなても、手ごろな値段でちょっと古い空室に入るほうを選択する状況でした。近年は新築してもなかなかテナントが入居してくれない新築商業ビルってどの街にも沢山ありますね。
c0225122_2219461.jpg

どーんと空間が広がっています。
ここは以前麻布十番温泉があった場所です。
狭小の敷地が多い麻布十番の中で珍しくまとまった土地があります。
c0225122_22192074.jpg

こちらが今は亡き麻布十番温泉です。
c0225122_22213850.jpg

背後にそびえる六本木ヒルズのお膝元でこんな温泉があったんですね。
ここにもやっと商業ビルの建築計画お知らせ看板が立っています。
麻布十番って、いわゆる隠れ家飲食店の多い場所ですね。
よく「俳優○○と女優○○が麻布十番で食事デート」みたいなのがありますよね。
その中で、この敷地に中規模の商業ビルを作る予定のようです。
麻布十番駅と六本木ヒルズのちょうど中間点に位置しているのですが、さてどうここまで客を誘導するか難しい立地です。建築計画看板をみると8層ほど積み上げるようですので、客観的にみても、収支計画通り、テナントが入って尚且お客が入ってくれるのか、難しいところです。
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-06-17 22:27 | 建築と街 | Comments(5)
神楽坂-賃貸情報!
先日、友人がマンションを引っ越したい!との事で、いつもお世話になっている高円寺駅前の不動産屋「アプローバル」に友人付き添いで行ってきました!
アプローバル社のロゴマークは以前私がデザインさせて頂きました。
友人の希望は「神楽坂」ということで、神楽坂界隈で物件を探ってきました。
最近何故か「引っ越したい」と相談してくる知人が多く、この季節なんとなく引っ越したい人が出てくる季節なのでしょうか。
神楽坂はフランス人が多かったりするんですね。何故ですかね、フランス人が好きになる雰囲気があるんでしょうかね。確か神楽坂は日本のモンマルトル?だったか。
近くには日仏学院やクレープの人気店とかありますね。
c0225122_22411244.jpg

まずは神楽坂徒歩3分という好立地物件。
確かに駅近でしたが、なにしろ汚い。(笑)
写真には写っておりませんが、カビが沢山ありました。。
退去すぐということでまだクリーニングしていない状態でしたが、やはり汚いのを見ちゃうともうダメですね。
c0225122_22422241.jpg

次はこの部屋。でかい。1ルーム12畳分あり、学生用1ルーム6畳とかと比べると明らかに奥行きが長く「広い!」という印象で、友人も大喜び。
c0225122_2244025.jpg

立地は神楽坂から江戸川橋方面に下り、ベランダからは逆に神楽坂方面を眺める感じ。ちょうど商店街に面し、生活には不便なくこの眺めはもう言う事なしでしょう。
c0225122_2245198.jpg

次の物件。ちょっと賃料は下がり和室の物件。畳の形がかなりいびつです。
水廻りがやはり古く、友人あえなく断念。
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-06-16 22:46 | 建築と街 | Comments(0)
大洋金物Tform AQUAlabo!
先日Tform AQUAlaboのショールームに行ってきました!
c0225122_21303460.jpg

海外からの輸入ものの便器・洗面器を中心におしゃれ陶器が勢揃いです。
c0225122_21313456.jpg

場所は麻布十番と広尾の中間地点。仙台坂下交差点付近です。
元麻布ヒルズの足元辺りですが、そういえば元麻布ヒルズはミラノのトーレベラスカみたいに上部が外側に張り出していて、特徴的な外観をしていますね。普通に見て不安定そうと思う方もいるのでは。
c0225122_21385033.jpg

写真にある鏡はagapeのもので、もう取り扱わなくなるので、今なら在庫品処分で通常の半額で購入できるとか。
c0225122_21391020.jpg

直径45cmの洗面。写真で見るよりも実際見てみると、かなり大きな印象です。
c0225122_21391941.jpg

この便器は特徴的な形をしていますね。笑。ここには壁掛け型の面白い形の便器が沢山有ります。日本の便器のような多機能は全くなく、座って用を足して流すのみ!です。
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-06-07 21:39 | 建築とショールーム | Comments(3)
国立(くにたち)!
国立に初めて伺いました!
乗っていた車両から降りると偶然正面にこんな景色が!
c0225122_15402777.jpg

吉祥寺・国分寺・立川・豊田・八王子は降りたことがあるのですが、国立に今回初めて降りました。
いきなりこの景色に驚きました。
駅から一直線に並木道が見えるんですね。
確か、姫路駅も駅から姫路城に続く道もこのような感じでしたが、それ以来の都市軸を体感しました。
南口改札を出て、次に驚いたのが、駅前なのに目立った大型店舗とかがないんですね。パチンコ屋とかデパートとか、さらに猥雑さがなく建物の高さも低くて。大型駅前開発とかないんですね。

なんでだろうと疑問に思ってちょっと国立を調べてみました。
(編集中・・)
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-02-21 22:38 | 建築と街 | Comments(2)
王子!
先日、とある案件の関係で、北区王子の街を訪れた。
c0225122_9405640.jpg

王子を訪れるのは2度目になるんですが、改めて思うのが、「街らしい街」だなと。
昔「シムシティー」という街づくりゲームがありましたが、王子には「街らしいアイテム」が沢山駅前にあるんですね。
交通機関でいうと、JR京浜東北線・地下鉄南北線・都電荒川線・バス・飛鳥山への斜行モノレール。
c0225122_9414820.jpg

飛鳥山公園・王子神社・音無川・桜並木・病院・各種学校・役所・・・と、全てが駅前にぎっしり集合しているんですね。さらに高低差があるので、駅前に橋や歩道橋やトンネルや川が立体的に交差していて、街としての魅力が増しているんですね。
Top▲ | by kajinoryuji | 2009-12-20 23:38 | 建築と街 | Comments(2)
戸(へ)シリーズ!
先日、北海道あさひかわのロゴマークの件で、地域ブランドの話をしましたが、東北にはちょっと気になる町たちがあります。
戸(へ)シリーズと僕は呼んでいるんですが、「数字+戸」で町名が構成されている町たちがあるんですね。青森南東部から岩手北部に分布していまして、まるで兄弟みたいですね。
c0225122_18435945.jpg

一戸町・二戸市・三戸町・五戸町・六戸町・七戸町・八戸市・九戸村の8市町村。(四戸は縁起が悪いからかありません)名前の由縁の諸説いろいろあるようですが、この地域の特産品は馬であり、その昔南部氏が馬の管理のための行政組織を戸で区画して運営したのが由縁のようです。
美人市議とかで八戸市はみなさんご存じかもしれませんが、他の市町村は正直なところ、ほとんど知られていないのが実情なのではと思われます。
そこでせっかく兄弟みたいな名前がついているので、それを最大限に生かしたPRをしたらいいのでは!と思っているのです。
戸(へ)ブランドを立ち上げ、全国にその名前のユニークさをきっかけに、うまくプロモーションしていく。

・そうだ!戸(へ)シリーズへ行こう
・戸(へ)シリーズ対抗少年野球大会
・戸(へ)シリーズ対抗剣道大会
・戸(へ)シリーズを語る、立松和平
・戸(へ)シリーズの政治学、藤川優里市議vs田原総一朗
・戸(へ)シリーズを巡る食べ比べ二泊三日の旅 

地方は自分たちを全国に売り込もうとやっきになっていますが、戸(へ)ブランド立ち上げによって、知名度は抜群に上がるのではと。
ちなみに、二戸市・一戸町・九戸村・軽米町・浄法寺町が、なにやらカシオペア連邦というグループを作っているらしいんですが、これはイマイチですね。自分たちの長所をわかっていないと思うんですね。純粋に戸(へ)のみでの戸(へ)シリーズをつくるべきですね。
Top▲ | by kajinoryuji | 2009-12-13 19:18 | 建築と街 | Comments(0)
| ページトップ |
"City Moon" Skin
by Animal Skin