人気ブログランキング |
Top
タグ:岡山学 ( 75 ) タグの人気記事
Top▲ |
絶景/牛窓
たびたび紹介している牛窓の風景。
やっぱりいいですね~。
たまに来て、観光として眺めている分には素敵な街なのか、又は毎日この地に暮らしていても素敵に思える場所なのか、なかなか難しいところです。
関西方面からの別荘地・観光地として人気がありますが、地元在住の方の話では「何もない単なる田舎ですよ。。」という方もいたり。笑
確かにスーパーに買い物に行こうにも、大型店は近隣にはなく、車で20分程離れた場所まで行かないといけないようにも見受けられ。
確かに毎日暮らすには大変なのかなと思ったり。
バス停で恐らく塾へ向かうのか、学生がポツンとバス待ちをしているのを見かけたのですが、どこまでバスでいくのやら。。
これまた普段の生活場所としては不便なのかなとふと感じたり。
c0225122_16184639.jpg
やっぱりたまに来る観光地としてがベストなのかもしれない?
と、なかなか牛窓に暮らしたい夢が捨てきれず悶々と考える日々。笑
こんな風景の見える敷地で住宅の設計がしてみたい!

Top▲ | by kajinoryuji | 2019-05-10 16:28 | 建築と街 | Comments(0)
ゴールデンウイーク/絶景/宇野/牛窓
長い長い10連休のゴールデンウイークが終わりました!
片道2時間前後の車移動はまだ子供が耐えられない(ぐずって収拾がつかなくなる)ため、遠くても片道1時間半の距離内でいろいろ行ってきました。
ほとんどが動物園か遊具のある公園ですが。笑
動物園は福山市立動物園と池田動物園。
福山市立動物園は展示の仕方が良く、動物も生き生きとした様子を見ることができました。
特にペンギンは数も多く元気で、泳いでる姿を目の前で見ることができます。
敷地すぐ横には巨大遊具のある公園があり、こちらでは滑り台を堪能。
c0225122_13521455.jpg
岡山市内の公園もゴールデンウイーク中に沢山行きましたが、滑り台のバリエーション比較が面白く。
素材・勾配・長さが公園によって様々で、スムーズに滑れるところや、勾配が緩すぎて全然滑らないところもあり。
またプラスチックは静電気がすごかったり、コンクリート製の滑り台は硬すぎるので危険だったり。
巨大滑り台は登り口まで私が子供を抱っこしていくので、何回も滑っていると、こちらの体力が限界に達したり。。笑
強い日差しを連日浴びて、子供も私もすっかり日焼けしてしまいました。
c0225122_13520292.jpg
動物園と公園以外で行ったところと言うと、海を見に宇野や牛窓へ。
やっぱり瀬戸内の海の景色は素晴らしく美しい。
c0225122_13520762.jpg
丸菱建築計画事務所

Top▲ | by kajinoryuji | 2019-05-07 14:11 | 建築と関係のない話 | Comments(0)
リフォームフェア2019/建築士会/コンベックス岡山
昨日はコンベックス岡山で開催されたリフォームフェア2019に参加してきました!
「リフォームなんでも相談」というブースで建築士会として派遣され、文字通りなんでも相談を受けてきました。
・築70~80年の親の実家をリフォームか新築するか迷っている。工務店はどう選んだらよいか。
・在来浴室をユニットバスにリフォームしたいが、どうしたら良いか。
・住宅リフォームしたいが、どこの工務店を選んだらよいのか分からない。
・住宅新築の際の税金などについて教えて欲しい。
・外壁塗装の見積りをとったが、金額が適正かどうか教えて欲しい。
など。
頻繁に聞くのが、どう工務店を選んだら良いのか分からない、という言葉。
工務店さんの数もかなり沢山ありますので、金額・技術力・信頼性、皆さん本当に見つけるのに悩んでいるようです。
c0225122_09571720.jpg

Top▲ | by kajinoryuji | 2019-04-15 10:18 | 建築とイベント 岡山 | Comments(0)
王子が岳/絶景/玉野
玉野市の王子が岳は岡山では有数の絶景スポット。
見下ろす高さが高いので、牛窓の海の景色よりも、見渡す広がりが大きく。
頂上の丘がこんもり丸みを帯びていて、地球の丸い表面を歩いているようです。
c0225122_16374650.jpg

Top▲ | by kajinoryuji | 2019-02-27 16:40 | 建築と子育て | Comments(0)
初詣/牛窓神社/岡山
初詣は毎年牛窓神社へ。
ロケーションが抜群で、海への景色が最高です。
c0225122_17071044.jpg
階段の参道は木漏れ日がきれいで、足元に光の水玉模様を落としています。
c0225122_17065853.jpg

Top▲ | by kajinoryuji | 2019-01-02 17:09 | 建築と関係のない話 | Comments(0)
空き家/解体/岡山
丸菱の事務所のすぐ近くに私の実家があるのですが、実家のまわりで建物の解体ラッシュ。
間違ってうちの実家も解体されてしまうのではないかと思うぐらい、解体が続きます。
道路挟んだ向かい側の建物(住居兼店舗)の解体。
確か中学1年の夏休みの水彩画の風景として、写生した記憶が。
その建物もなくなりました。
c0225122_10095095.jpg
外壁と屋根が解体され、鉄骨の骨組のみとなった建築。
この姿を、用途から解放された「美しい姿」と形容する人もいます。
建設過程を逆再生したかのような姿。
建築が消滅する瞬間。
私が記憶した子供の頃の風景が少しずつ消滅していく瞬間。
c0225122_10101920.jpg
東隣の美容院(元喫茶店)。
これは数か月前の解体でしたが、以前ブログでもご紹介しました。
c0225122_16110770.jpg
北側の借家3件同時解体。
1敷地に3件の建物があり、それらを全て解体。
c0225122_10101203.jpg
実家の母いわく、風通しが良くなり特に北側が明るくなったと。
現在東隣りにコンテナ型のラーメン店が作られようとしています。


Top▲ | by kajinoryuji | 2018-12-06 10:29 | 建築と街 | Comments(0)
御茶屋跡/牛窓/絶景
県外の友達が遊びに岡山に寄ってくれたので、岡山で一番見せたい景色、牛窓に連れて行きました。
数年前に同じ友達が来てくれた日はなんと雨。
晴れの日岡山らしくない、あいにくの雨天でしたので、その際は駅前で会った形で。
今回は晴れでしたので、牛窓へ。
オリーブ園から瀬戸内海への眺望を満喫し、港に戻って、最近気になっているお店へ。
c0225122_15472487.jpg
御茶屋跡という、ギャラリー・ショップ・カフェが併設された建物で、古い建物を活用したお店です。
c0225122_15473353.jpg
目の前はすぐ海。
穏やかな日でしたので、海がとても心地よく。
c0225122_15481990.jpg
歴史と文化の感じられる、こんな街、こんな家に住みたいなぁ、と感じてしまいました。
c0225122_15481489.jpg

Top▲ | by kajinoryuji | 2018-11-26 15:53 | 建築と見学   岡山 | Comments(0)
安藤忠雄/セレモニーホール/岡山
親類の法事で、近所にあるセレモニーホールを訪問しました。
実はこの建物は安藤忠雄氏の設計で、安藤建築としてはかなりマイナーな建物であります。
c0225122_00000912.jpg
でもやっぱり安藤建築は見る人に感動を与える建物だなと、冷静につくづく感じました。
大胆さ、シンプルさ、わかりやすさ、大きさ、緊張感。
これらを表現するために、実は見えないところで多々工夫配慮がされているのだと思われる。
c0225122_00001743.jpg
設計をしているとどうしても細々必要なものが出てくるのですが、それらの気配を感じさせず、すっきり納めていくにはそれなりの時間労力を費やさないと処理できなく、それらを当然のようにこなしてこそ、安藤建築がうまれてくるのだと思います。
c0225122_00002377.jpg
でも緊張感を与える建築って、なかなかないなぁと。
今日コンクリート打ちっ放しの壁を見ていて、確かに緊張感を感じた次第で。
くつろぎの空間ではないが、他では味わえない、緊張した空間に身を置きたい時もあるでしょう。
確かに、安藤建築でしか味わえない、感じ得ないものがある。
c0225122_00003707.jpg

Top▲ | by kajinoryuji | 2018-11-04 00:26 | 建築と見学   岡山 | Comments(0)
平成30年7月豪雨災害/被災住宅相談/岡山
平成30年7月豪雨災害に関して、岡山県の建築関係5団体が共同で動き出しを始めています。
また正式に詳細が整い発表があり次第こちらでもアップしていきますが、市町と一緒になり登録した建築士が無料で、被災住宅等の補修・再建に関わる相談業務を行う予定です。
少しでも私も現地の力になれたらと思っています。
また後日追って経過をアップしていきます。


Top▲ | by kajinoryuji | 2018-07-27 18:34 | 建築と街 | Comments(0)
蒜山(ひるぜん)高原/ワラビ採り/岡山
週末は蒜山(ひるぜん)高原にワラビ採りに行ってきました。
私は付き添いみたいなポジションですが、笑、県北の山の中ということで、すがすがしくとても気持ちがイイ。
c0225122_09160699.jpg
妻のお母さんは数年毎定期的にワラビ採りに来ているようで、必要な服装装備万全です。
ワラビを折る際の「パキッ」という音と感触がたまらないようです。
c0225122_09164012.jpg
向かった小山は野焼きを毎年しているようで、その一帯だけ低めの草が生えていました。
写真で分かるように、こんもりとかわいらしい形をした小山で、小山の稜線に抹茶パウダーでも振りかけたように、新芽が芽吹いています。
c0225122_09164568.jpg
3枚目の写真の中央にチラッと写っているのが私と抱いている娘。
抱っこ紐で抱いた状態で山を上り下りしたので、今は肩が心地よくこっています。
基本建物が好きですが、たまには自然の中を満喫するのもいいですね!


Top▲ | by kajinoryuji | 2018-05-21 09:32 | 建築と関係のない話 | Comments(0)
| ページトップ |
"City Moon" Skin
by Animal Skin