Top
鎌倉Y邸見学!
機会に恵まれ、2006年弊社設計の鎌倉Y邸を見学させて頂きました。
c0225122_03442.jpg

中央に吹き抜けを作り、2Fはスキップフロアとなっており、家の中がワンルームのように一体感がありながら、敢えて中央に配置したトイレ(1F・2F共に)[写真左手]が構造要素でもあり、ゴロンとしたワンルーム感覚の住宅内に大小の空間のたまり・変化・見え隠れの手がかりとなっています。
日頃の設計の中で、生活上・使い勝手上、どうなのだろうかと密かながら思っていた事を住まい手にお聞きしたいと思いいくつか質問をさせて頂きました。
弊社ではトイレを住宅内部中央付近に配置するケースが多くあります。住まい手側として、音など気になるかどうか、お聞きしたところ、それでは、実際に水を流してみましょうということで、流して音を確かめてみました。通常の会話をしているレベルではほぼトイレ音が聞こえてこない状態で、快適に過ごせれているとの事でした。一般的にハウスメーカー設計の住宅ではトイレは必ず隅にありますが、それは固定概念であり、中央にあったとしても問題があるわけではありませんでした。
奥様のお話の中で、当初はトイレに窓が欲しいとの考えもあったようですが、暮らしてみれば、結果的に窓が無くても、慣れてしまって全然気にならないとの事でした。

あと、照明設備で、弊社ではラインダクトと呼ばれる、そのライン上であれば、どの位置でも照明を取り付けることが出来る設備があります。いつでも好きな位置に照明を変更できるところが利点です。では、本当に長年暮らしていく中で、位置の変更があるのだろうかと、内心思っておりましたが、壁面に新しく絵を飾った際や、当初の計画よりも、もう少し照度が欲しいなと思うと気軽に数や場所を変更できるので、使い勝手は良いとの話でした。

住まい手の日々の生活でのご意見を伺えた貴重な見学でありました。(Y様ありがとうございます)
c0225122_0262785.jpg

ご主人お気に入りの書斎スペースです。トップライトから光が落ち、私も一目でここが心地よさそうと思ったスペースです。書斎の向こう側にはキッチンを見下ろすことができます。
[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2010-02-15 00:28 | 建築と写真 竣工後 | Comments(0)
I邸スタディ-11!
進行中のI邸ですが、敷地北側に(敷地分割した)お兄様とお母様の住宅が(他の工務店による設計にて)建築されているところです。最近鉄骨が立ち上がったという話を聞き、どの程度のボリュームなのかを確認してきました。
c0225122_23471260.jpg

(↑敷地東側からの写真)
左右の建物に挟まれた写真中央部分が建設予定地です。
事前に図面を頂いており、CGにて立ち上げてボリューム感はつかんでいたのですが、改めて現場にて確認。3階建てで、建物高さ9mとなっています。
c0225122_2350251.jpg

(↑敷地北側道路からの写真)
お兄様邸の1階中央は駐車場となっており、ピロティ状の抜けた空間を通して奥側に、弊社の建設予定建物の主寝室あたりの位置に、開放感が得られそうです。主寝室にはこのピロティの抜けを利用して大きめの窓を設置する予定です。
c0225122_9395245.jpg

[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2010-02-14 23:54 | 建築と調査 | Comments(0)
I邸スタディ-10!
進行中のI邸ですが、基本設計up致しました!
前回からガラリと外観を替え、初期検討案に近づきました。
c0225122_0361479.jpg

大きなベランダという要素を入れたので、左右二分割スタイルから上下3分割スタイルと構成が大きくかわっています。
c0225122_0373779.jpg

基本設計のまとめということで、電気系統図・給排水設備図・構造図・壁量計算・家具図等図面を一式揃えています。これらの図面を携えて基本設計の概算見積りを工務店にお願いします。その概算見積りと予算を照らし合わせながら、予算オーバーであれば、実施設計へと移行していく中で、削れる項目は削るなどし、シェイプアップして実施設計を進め、その後最終的な本見積りを実施設計後に行います。
c0225122_0425612.jpg

内部模型も想定家具の大きさをいれていきます。
模型スケールも前回までの1/100から、1/50とスケールアップさせております。
[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2010-02-13 23:34 | 建築と模型 | Comments(0)
T邸検討中!-1
担当案件T邸を検討中。
今週末の打合せに向け、前回案をパワーアップさせ、スタディ中です。
前回案よりも全体的にすっきりしてきました。
c0225122_1746545.jpg

旗竿敷地なので、周辺建設想定建物を置いて、エントランスを検討。
前面道路からの眺めはこのような感じになります。
c0225122_174704.jpg

東側、マンション側からの眺め。特徴的な開口部となっています。
住宅の設計を進めていく中で難しい点が、洗濯物の干し場をどこに確保するかがあります。
陽あたりの良い場所には、家族の集まる中心的なメインの部屋がくるケースが多いのですが、そこに洗濯物干し場が来ていいのか、悪いのか。ヴィジュアルとしは良くはないのですが、洗濯物に陽を当てたいというのが重要なケースもありますね。
c0225122_17505748.jpg

ご覧の通り、周辺建物の屋根との関係から、屋上テラスとテラス横の窓面が有効に働いています。沢山光が入りそうです。
c0225122_17511717.jpg

2階は南北に分かれてスキップフロアとなっています。その段差を利用して上部からの光を1階北側奥の個室にまで光が届くようにしています。
手前中央には吹き抜け・建物上部にはロフトに屋上にと、小さいながらも盛りだくさんの住宅となっています。
[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2010-02-04 17:53 | 建築と模型 | Comments(0)
事務所改修!-1
事業拡大に伴い、弊社事務所内を改修することになりました!
来月頭には新しい事務所をお披露目することができるかと思います。
c0225122_17365961.jpg

まずは模型をつくり、現状把握。
さて、これを元にどのように変身しようか、検討を始めるところです。
また進捗を追って報告致します!
[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2010-02-03 17:38 | 建築と模型 | Comments(2)
I邸-9!
金曜の夜はお客様とのお打ち合わせでした。
c0225122_2351892.jpg

打ち合わせ前の様子。
どの模型を選ばれるか、模型達も緊張した様子で待ちます。
具体的にどんな模型を作ったか、ここでちょっと紹介。
c0225122_237497.jpg

最近のスキー選手がかぶる流線型ヘルメットを彷彿します。
もうすぐバンクーバーオリンピックですしね。
c0225122_2383221.jpg

c0225122_2385088.jpg

内側にへこんだ形状。
これらの模型は予選敗退という感じでした。笑)しかし、また練習を重ねて、今後の他の大会では、また一回り大きくなって成長した姿をみせてくれることでしょう。
[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2010-01-31 23:12 | 建築と模型 | Comments(2)
I邸スタディ-8!
進行中のI邸ですが、外観を徐々にフィックスしていく為、激しくスタディ中です。
c0225122_2183686.jpg

二日で8つ程の模型を作り、ベストな外観を検討続けているところです。
不採用となってしまった模型案でも作った結果として、「この方向性のこの形はやはりダメだな」と、選択肢を消した形跡を模型として残る意義があります。
じゃあ、この方向性はどうか?と次なるアイデアの足掛かりとなります。
[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2010-01-26 21:08 | 建築と模型 | Comments(0)
ファリッド氏来社!
メキシコからars-novaの元スタッフ・ファリッド氏来日。
メキシコのオアハカという標高の高い市で自身の設計事務所を構えて設計活動をしている。
住宅を設計したり、進行中の案件では、オアハカ近代美術館の改修の仕事をしている。
進行中の住宅の説明を受けたが、CGでモデルを立ち上げ、それをムービーでプレゼン用の映像にしていた。私の前所属会社でもムービー作成は行っていたが、メキシコでも2Dcad→3D→movieの流れは標準なのか。施主としては建設前にリアルな完成像を確認することができます。
[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2010-01-25 23:46 | 建築とニュース | Comments(0)
建材ショールーム!
昨日、弊社近くの建材ショールームに行ってきました。
c0225122_9502357.jpg

いろいろなタイプの水栓があり、勉強になります。弊社近くなので、機会があれば、お客様と一緒に伺い実際に見て触ってもらって、商品を選んでいくというのもありですね。
c0225122_9503338.jpg

これは、ドイツ製HANSA社の水栓。
力の入れ具合でレバーに3段階あり、節水対応となっています。
このタイプは、レバーを上げると、水が出すぎちゃう場合がありますが、レバーに段階をつけているので、無駄に水を大放出させてしまうことがありません。さすがドイツです。
ドイツはエコ・性能・機能!イタリアは何よりもデザイン!重視です。
c0225122_9504084.jpg

これは、シャワーブースです。ワンルームマンションに浴槽を置いても、シャワーのみで浴槽は使わない方が多いのでないでしょうか。そんな場合は、浴槽を撤去してこのシャワーブースを設置するという改修もいいのではないでしょうか。シャワーブースは、50万前後の商品が多いです。
[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2010-01-21 23:48 | 建築とショールーム | Comments(0)
とある回り階段!
先日とある件で、とあるビルを訪問した際、そこの階段は回り階段でした。
c0225122_19365456.jpg

回り階段を昇るのが久しぶりで、意外に新鮮な感覚を覚えました。
普通の直行階段を登る際の上下運動にプラス回転運動が加わるので、斜め上方への動きに加えて、一動作ごとに足を回転軸側へ徐々に寄せて進めていきますよね。
c0225122_19421677.jpg

若干体も内側へねじれていくような感覚で、「結構おもしろい」と思ってしまいました。
回転半径があまりにも小さいと、足元ばかり気にしないといけなくなり、逆に登る行為に苦痛を感じてしまいますが、ある程度の半径であれば、非常に心地よい動作となるんでしょうね。
[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2010-01-16 19:44 | 建築と名作見学 | Comments(0)
| ページトップ |
"City Moon" Skin
by Animal Skin