Top
<11坪の平屋> 手すりの施工中!
<11坪の平屋>ですが、玄関前の片持ち階段に手すりを取付中です。
重量感のあるコンクリートが片持ちで宙に浮いた感じに見えるのはいいですね。
上がってみたくなる階段です。
建築設計の中で、階段や手すりのデザインは重要な見せ場の一つです。
手すりのデザインも、ほんの少しの位置や寸法、端部の処理を工夫することで、見た目の印象が随分変わります。
人の手が接する部位なので、自ずと丸みが随所で出てきます。

丸菱建築計画事務所
c0225122_14105615.jpg

[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2018-02-21 14:41 | 建築と現場 11坪の終の棲家 | Comments(0)
<方形の平屋> 既存建物の解体中!
<方形の平屋>プロジェクトが始まります。
既存建物の解体状況を確認にいきました。
既存埋設管の撤去状況や、設計GLと現場土量との兼ね合いをみてきました。
ここから新しい建築が始まるスタートラインと思うと、今後の工事が楽しみです。
完成は8月頭を予定しています。
明後日からは地盤調査を行い、杭の検討に入ります。

丸菱建築計画事務所
c0225122_15095661.jpg

[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2018-02-20 15:10 | 建築と現場 方形の平屋 | Comments(0)
<11坪の平屋>家具搬入・設置中!
<11坪の平屋>ですが、家具を設置中です!
上棟時から同じようなアングルで写真をアップしていますが、完成形に近づいてきました。
小さな住宅ですが、南側は建て主さんのご要望で大開口になっています。
c0225122_14514334.jpg
母屋側の開口部の納まり。
シャープな納まりにしています。
c0225122_14520322.jpg
丸菱建築計画事務所



[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2018-02-20 14:54 | 建築と現場 11坪の終の棲家 | Comments(0)
うちかど助産院 近頃の様子!
うちかど助産院に行ってきました。
そろそろ竣工後2年を迎えようとしています。
お客さんも沢山ついて、順調に営業されています。
助産院に行って何人かのお客さんと話をすると、皆口々に「木に囲まれて落ち着く雰囲気がいいですね!」と言って頂きます。
うちかどさんと設計打合せをしている早い段階から、「妊婦さんがホッと落ち着ける、心休まる空間にしたい」とおっしゃっていて、
そのコンセプト通りの助産院に出来ているんだなと再認識できました。

丸菱建築計画事務所
c0225122_13521839.jpg
c0225122_13524790.jpg
c0225122_13524126.jpg
手前の部屋が食堂で、2段上がって向こう側がホール。食堂が下がっている分、すぽっと囲まれた感じの部屋になっています。
この棚の左右に柱型が2本ありますが、左側は直上にある浴室の配管類が通っています。右側は同じ形にして、給湯リモコンやスイッチ類を配置しています。スプルスの枠が2年でかなり焼けてきて、いい色合いになっています。この椅子に座って正面に見えるホール側を見るのがいつも好きな視点です。
c0225122_13523662.jpg
自然素材からの反射光が、目に柔らかく感じます。
c0225122_13522872.jpg
適材適所の必要な天井高さが、気持ち良く感じます。
フラット天井では感じられない気持ちよさです。
c0225122_13525153.jpg
子供も大人もこの階段の段板に腰かけ、料理中のスタッフの様子を見るのが好きです。
みんな、お母さんの料理を待つ子供のような心境で。



[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2018-02-09 13:45 | 建築と現場 <海を望む> | Comments(0)
<11坪の平屋>仕上げが進んでいます!

<11坪の平屋>ですが、仕上げが進んでいます!
白い壁と木の色のコントラストがきれいに仕上がりつつあります。
外壁吹付塗装中のため、窓ガラスには養生のビニールシートを張ってあるので、外の景色が見えていない状態です。


<11坪の平屋>見学会を開催します。

ご興味のある方はどなたでもご来場ください。

〔日程〕2018年2月24日(土)、25日(日)

〔時間〕10:00~16:00

〔場所〕岡山市北区学南町 (詳細住所は追って情報アップします)

〔連絡〕090-8512-0751 又は mail@malubis.com

丸菱建築計画事務所
c0225122_17331513.jpg
c0225122_22225037.jpg


[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2018-02-06 17:33 | 建築と現場 11坪の終の棲家 | Comments(0)
西大寺の家
工務店さん案件の設計を担当した住宅が完成しました!
この住宅の特徴は、凹凸のある平面形状です。
平面形状をでこぼこさせることで、深い軒の下に窓を設置できたり、暗くなりがちな北側の部屋にも南向きの窓を設置できたりします。また、西側にある部屋にも東向きの窓が設置できたり、1つの部屋に多方向の窓を作ることが出来、採光・採風にも役立っています。
外観としても、凹凸によって陰影やリズムがうまれ、凹凸に合わせた外壁色の選択によって、単純な矩形にはない面白さができたと思っています。
深い軒の下には、玄関とベランダを配置し、うまく雨除けとしても機能しています。
ベランダ上の角に寄せ棟屋根を張り出し、浮いた屋根先がきれいに見えています。
今回は外壁をサイディングで仕上げていますが、白い外壁部分をモルタル下地に塗装や左官仕上げ、茶色い外壁部分を木羽目板張り等とすることで、素材感を感じさせながら、素材と形状が呼応した建築に持っていけると思います。

丸菱建築計画事務所
c0225122_23450160.jpg

[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2018-02-02 23:45 | 建築と現場 その他 | Comments(0)
<児島の小さなアトリエ>homify日本版で紹介頂いています!
<児島の小さなアトリエ>ですが、homify日本版で紹介頂いています!先日の台湾版に引き続き、日本版でも取り上げられています。
設計したものを、どのような点に注目してくれているのかが分かり、客観的な視点をもらえてうれしいですね!
励みになります。

丸菱建築計画事務所
c0225122_23102025.jpg

[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2018-02-02 23:11 | 建築と現場 児島のアトリエ | Comments(0)
海外サイトに掲載/homify/児島の小さなアトリエ/児島
<児島の小さなアトリエ>ですが、海外の住宅事例紹介サイトhomifyの台湾版に掲載されています。
中国語で書かれていますが、ネット上で翻訳しつつ読んでみると、面白いですね。
漢字だけでも、なんとなく言わんとしている内容が伝わってきますね!

「超魅力的ミニログハウス!人の温もりが感じられる可愛らしい家です!」
みたいな感じのようです。

丸菱建築計画事務所
c0225122_15365412.jpg

[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2018-01-25 15:37 | 建築とメディア | Comments(0)
<11坪の平屋>内装工事 枠について
<11坪の平屋>内装工事中ですが、今日の現場の様子。
内外問わず通常建具廻りには建具枠が入ります。
納まりによっては枠なしの場合もありますが。
また壁の端部にも通常見切りの枠が入ります。
これももちろん枠が入らない場合もあります。
このような枠の厚みを、何ミリ厚にするかというのが面白いところでもあり、難しいところでもあります。
その厚みの印象で空間全体の雰囲気をコントロールすることもできます。
10ミリとか20ミリとか、また24ミリとか。。
厚みが厚くなると、どっしりした、重厚なイメージになりますし、薄くなると、華奢ではあるがモダンな処理にもなります。
今回は高齢ご夫妻のホントに小さな住宅なのですが、建物全体の大きさとの兼ね合いも考え、モダンに薄く整えています。
また完成した後の写真でご覧頂けると、趣旨が分かってもらえるのではと思います。

丸菱建築計画事務所
c0225122_14431346.jpg

[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2018-01-24 14:43 | 建築と現場 11坪の終の棲家 | Comments(0)
<11坪の平屋>内装工事中!
<11坪の平屋>ですが、内装工事が大詰めを迎えています。
南側に大きな窓をつくり、南側からの光が沢山入ります。
ブラインド等を設置予定ですので、視線や光の調整をしつつ、明るい室内にすることができます。

丸菱建築計画事務所
c0225122_15320646.jpg

[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2018-01-22 15:32 | 建築と現場 11坪の終の棲家 | Comments(0)
| ページトップ |
"City Moon" Skin
by Animal Skin