Top
<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
事務所リノベーション(岡山市)写真!
弊社事務所の建物は、元々酒の小売店舗です。
今は店頭販売は行っておらず、叔父が配達のみをしています。
荒れ放題に荒れていた店舗内を片づけ、半DIYで、設計事務所兼店舗となっています。
打合せテーブルは、鉄工所に直接図面を持ち込んでフレームを作ってもらい、自分で塗装した天板を取り付けています。
まだ手つかずの倉庫部分等ありますが、そこは今後順次手を付けていく予定です。
丸菱建築計画事務所HPのWORKSにも写真をアップしました。

丸菱建築計画事務所
c0225122_11535844.jpg
c0225122_1154425.jpg
c0225122_11545147.jpg
c0225122_11545911.jpg
c0225122_1155985.jpg
c0225122_11551768.jpg
c0225122_11552546.jpg
c0225122_11553341.jpg

下は2点はある程度片づけをした後のbefore写真です。
c0225122_1155433.jpg
c0225122_11555289.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2014-08-30 11:58 | 建築と丸菱 | Comments(0)
今は亡き建物達!-2 同潤会大塚女子アパートメント
昨日に引き続き「今は亡き・・・」シリーズ。
文京区茗荷谷駅前に「同潤会大塚女子アパートメント」という建物がかつてありました。
c0225122_16482062.jpg

これまた1930年生まれで、関東大震災復興として都が建設した一連の同潤会アパートメントの一つであり、当時の最先端設備を備えた女性専用ハイソ・ハイクオリィティマンションでした。
それが都によって土地売却されることとなり、世間では市民団体による保存運動や日本建築学会からの保存要望書提出等行われていました。
c0225122_16565013.jpg

保存・再生の目的として、女性を中心とした市民団体は、女性の社会進出(ウーマン・リヴ)を象徴する建物である、日本建築学会では、建築史上重要な建物であるとの事。
その頃ちょうど2001年に石原都知事による「ババァ発言」が物議を醸したりしていた時期でもあり、都としては重要度は低い建物であるとの認識があったのだろうか。
当時学生であった私は、保存・再生運動の一端に加わっていたのですが、結局2003年に解体され、跡地にはマンションが建ったとの事。
社会の論理・市民団体の論理・所有者の論理・学会の論理いろいろありますが、現状の日本では、結局所有者の論理には絶対誰も勝てないって事を肌で感じました。
c0225122_1720537.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2014-08-19 09:46 | 建築と文化 | Comments(0)
ライフコンサルタント岡山さんのセミナー情報!
お世話になっている税理士吉田宏展さんをはじめ、ライフコンサルタント岡山さんの連続セミナーが開催されます。相続税の試算会、エンディングノートの書き方、相続・保険の基本について、3回に渡って解説があります。人気のセミナーですので、早めのご予約をおすすめします。
詳しくはライフコンサルタント岡山さんまで。

丸菱建築計画事務所
c0225122_20133923.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2014-08-11 20:13 | 建築とお金 | Comments(0)
東湖園の最期に際して思うこと/記憶/岡山
岡山県建築士会の会報誌に寄稿させて頂きました。
岡山市には東湖園という江戸初期に作られた小堀遠州流の回遊式庭園があります。
個人所有でしたが、昨年末閉園し、今年からマンション建設の工事に向けて、庭や建物の解体が始まりだしたところです。
c0225122_16275433.jpg

ご存知の方も多いと思いますが、2013年12月より閉園していた門田屋敷の東湖園の跡地活用として、先日マンション計画が発表されました。
非常に残念に思っている方も多いのではと思います。
いつもこのような話を聞くのは、壊される直前の最後のタイミングが多く、メディアでは取り上げられますが、現実的には救う術がありません。
多くは所有が変わってしまっており、手の出しようがなく、また多くは開発目的で取得している為、土地に価値があり、建物の文化的価値には興味がないようです。
特に私達が動かない限り、このような事例は、今後も岡山で続くのではないでしょうか。
このような貴重な建物を守るにはどのようにしたらよいのでしょうか。
私は次の2点が重要なのではと思っています。
1点目は、多くの人達に利用してもらう建物であること。公共の建物に限らず、民間の建物であっても同じで、人々に愛され使われ、そこで様々なイベントがあり、多くの思い出が育まれ、建物と共に人々の日々の生活がある、そんな旧友のような懐かしさの感じられる建物でいられたならば、最期を迎える前にきっとみんなが壊されないように動いてくれるのではないでしょうか。
いかに多くの人々の心・記憶と共に過ごしてきているかが重要です。
2点目は、所有が誰かという話があります。民間の所有であれば文化財等の登録による規制がない限り、市民や行政は結局手を出すことができません。
1点目をクリアしたとしても2点目で結局手が届かなかった建物は数知れずあります。2点目を解決する一番単純な方法は、行政が買い取るという形があるかと思います。
文化財と認め条例等に従って所有を公共に移すことによって、最悪の事態を回避するというケースはあるかと思います。
また、別のアプローチ方法としては、現所有者と良好な関係を築き、頻繁に交流を継続していく中で、存続が危なくなる際には、保存・改修を前提に購入を考えてくれる新オーナーを見つけて紹介するなど、活用方法を一緒になって考えていくやり方もあるかと思います。
特に気を付けなければいけないのが、近現代の建築かと思います。その文化的価値判断がまださほど確立されていない為、所有者・行政・市民共にその建物の重要性に気づいていないケースもあるかと思います。
そういう近現代の建築について、現所有者と力を合わせ、人々に存在を広めたり、積極的にイベントを仕掛けたりして、建物を知ってもらう、建物を使ってもらうことが必要なのではと考えています。
その活動を岡山県建築士会として行うのも一つの方法ではないでしょうか。
気づいたら岡山にある近現代の名建築がなくなっている、そんな日がいつか来ないように、今のうちから動く必要があるようです。

丸菱建築計画事務所
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2014-08-08 16:31 | 建築と文化 | Comments(4)
| ページトップ |
"City Moon" Skin
by Animal Skin