Top
カテゴリ:建築と街( 24 )
Top▲ |
空き家/解体/岡山
丸菱の事務所のすぐ近くに私の実家があるのですが、実家のまわりで建物の解体ラッシュ。
間違ってうちの実家も解体されてしまうのではないかと思うぐらい、解体が続きます。
道路挟んだ向かい側の建物(住居兼店舗)の解体。
確か中学1年の夏休みの水彩画の風景として、写生した記憶が。
その建物もなくなりました。
c0225122_10095095.jpg
外壁と屋根が解体され、鉄骨の骨組のみとなった建築。
この姿を、用途から解放された「美しい姿」と形容する人もいます。
建設過程を逆再生したかのような姿。
建築が消滅する瞬間。
私が記憶した子供の頃の風景が少しずつ消滅していく瞬間。
c0225122_10101920.jpg
東隣の美容院(元喫茶店)。
これは数か月前の解体でしたが、以前ブログでもご紹介しました。
c0225122_16110770.jpg
北側の借家3件同時解体。
1敷地に3件の建物があり、それらを全て解体。
c0225122_10101203.jpg
実家の母いわく、風通しが良くなり特に北側が明るくなったと。
現在東隣りにコンテナ型のラーメン店が作られようとしています。


[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2018-12-06 10:29 | 建築と街 | Comments(0)
平成30年7月豪雨災害/被災住宅相談/岡山
平成30年7月豪雨災害に関して、岡山県の建築関係5団体が共同で動き出しを始めています。
また正式に詳細が整い発表があり次第こちらでもアップしていきますが、市町と一緒になり登録した建築士が無料で、被災住宅等の補修・再建に関わる相談業務を行う予定です。
少しでも私も現地の力になれたらと思っています。
また後日追って経過をアップしていきます。


[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2018-07-27 18:34 | 建築と街 | Comments(0)
現場猫/方形の平屋/岡山
今日現場に行くと、また居ました、現場常駐の猫さん。
よほどこの場所がお気に入りの様子、また足場に居ます。
大工さんに聞いたところ、ここのところ毎日遊びにやってくるようで。
c0225122_12014843.jpg
ちょっと近づいてみると逃げる様子もなく、触らしてもらえるではないか。
猫さんもまんざらではない感じで。笑
猫さんの匂いが付いたので、帰宅するとうちの犬君がヤキモチ焼くんだろうなぁ~。


[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2018-06-27 12:05 | 建築と街 | Comments(0)
廃墟の美学/建築解体/歴史の記録/岡山
丸菱の事務所から100m程行ったところに私の実家があるのですが、そこの隣の敷地の建物を現在解体中です。
先日まで美容院が営業していたのですが、建て替えをするとの事で。
c0225122_16110149.jpg
私の母の話によると、一番初めは自転車店だったみたいです。
写真に「ミヤタの自転車、浜金商会」とありますね。
解体している中で隠れていた昔の看板が表れています。
何年前なんでしょう、50年前とか60年前とかになるのか。
その次はガソリンスタンドでした。
それは私の記憶の片隅にもあり、昭和シェル石油の貝のマークの印象があります。
私の子供の頃なので、35年前とかでしょうか。
c0225122_16111189.jpg
またその次はカフェでした。
バブル期に作ったカフェで、すごく流行っていて、いつもお客さんで一杯でした。
その看板が1枚目の写真にある「LIMOGE (リモージュ)」という文字。
またまたその後が現在まで続く美容院で、内装の白い部分がその名残りです。
解体時にこの建物の歴史の断片が随所に表れてくる状態が興味深く、写真に残しました。
c0225122_16110770.jpg
長崎の軍艦島はここ何年も人気ですが、あれは完全に廃墟美ですね。
廃墟に宿る美しさ、人の用途から解放され、朽ちていく最中の建築の純粋な姿に、ゾクゾクさせられてしまいます。
私が設計する建築もいつの日かはこのように解体される日が来ることを心にとどめ、新しい建築を生んでいきたいと思います。


[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2018-05-18 16:12 | 建築と街 | Comments(0)
倉敷美観地区/MUNI/倉敷フィント/倉敷
ゴールデンウイーク、福山市の神勝寺に行こうとバイパスから高速に乗ろうとすると、かなり高速が渋滞との表示が。。
これはかなりやばいのではないかということで、急遽予定変更。
倉敷の美観地区に行くことに。
いつも必ず行くのが、倉敷フィント。
国内の椅子作家の作品を集めています。
ここでいろんな椅子を見て回るのが好きで。
それから林源十郎商店へブラブラ歩き。
GW中ということで、多くの人であふれています。
最近はアパレル関係の出店が多く、少しずつ顔ぶれが変わりつつも、美観地区の建築ルールに従って、美観を損ねることはありません。
つくづく思うのが、倉敷美観地区は地方の観光地として、大成功しているようで。
街は新陳代謝を繰り返し、古い建物が取り壊され新築されてり、改修されてリニューアルしたりして、どんどん発展しているようです。
その発展の仕方が、無秩序でなくうまくコントロールされていて、魅力を増しているようです。
ビョルンというギャラリーに顔をだしてから、ぐるっと回遊して最後は、カーペットのMUNIへ。
色々見せてもらいましたが、実に深みのある色合いで、まさしく唯一無二。
なんとも言えぬ最高の絨毯です。言葉が出ません。。
私も一応事務所で自分の椅子に一枚MUNIの座布団を敷いています。
c0225122_00461022.jpg
丸菱建築計画事務所


[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2018-05-04 00:49 | 建築と街 | Comments(0)
とある庭のある風景/岡山
今日は動物病院にうちの犬を予防接種で連れて行きました。
10種混合ワクチン。
土曜という事で混んでおり、1時間ほどかかりそうなので、待ち時間に犬と周辺を散歩することにしました。
c0225122_14564901.jpg
この辺りは山が近く、山から流れてくる水流が豊富で、常に勢いよく水が流れています。
水が滞留しないので、常にきれいな状態です。
私の家の方は平地で水が滞留しているため、このような気持ちよさはありません。。
田んぼや畑が点在し、また昔からの焼き板張りの住宅もほどよく並び、のどかな街並みが広がっています。
車は通れない小さな道に沿って小川が流れ、今は菖蒲なども咲いている小道沿いに、前から気になっていた家に再度出くわしました。
c0225122_14543126.jpg
庭と家の一体的な雰囲気がとても良く、すごくのどかで気持ちの良い佇まい。
道路に対する建物の配置がいいのも理由の一つかなと。
道路に平行に建物を置いたり、正対して置くのでなく、角度を振って斜めに置いているので、門から玄関へ斜めの視線が奥行き感を出していますし、家の中が見えそうで見えずで、気になる感じ。
建物を斜め方向から見せるというのは、見せ方の一つでもあります。
見ているだけで、この家の家族の微笑ましい生活が感じられ、肩ひじ張らず等身大のおおらかさが伝わってきます。
建物は目板張りした杉板張り。経年変化でいい具合に味が出てきています。
庭は小道と緩やかにつながり、塀も高さを抑え、また隙間を広くとった竹垣で、かるーく隔てる程度。
地域の人達とのつながりのスタンスが見えてきます。
「こんにちは~」と思わず声を掛けたくなるような家です。

丸菱建築計画事務所

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2018-04-28 14:57 | 建築と街 | Comments(0)
牛窓から前島へ!
今日は打合せで、牛窓からフェリーで前島へ。
瀬戸内海は美しい。

丸菱建築計画事務所
c0225122_2356623.jpg
c0225122_23561496.jpg

c0225122_235929.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2015-05-13 23:56 | 建築と街 | Comments(0)
<山を望む>プロジェクト 基本構想業務進めています!
<山を望む>プロジェクト 基本構想業務を進めています!
敷地の特徴は、3つこぶのようなゆるやかな起伏のある美しい山並みが見える事です。
この山並みへの眺望を最大限に確保した建築を構想中です。
基本構想段階でコンセプトをしっかり固めておくことで、今後の詳細設計において、様々な要望や条件が出たとしても、ぶれることなく進めていくことができます。

丸菱建築計画事務所

c0225122_13171742.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2015-02-02 13:20 | 建築と街 | Comments(0)
今日の一枚/丸亀市猪熊弦一郎現代美術館/香川
今日の一枚は、谷口吉生氏の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館。
エントランスホールの写真。
15年前から何度も訪れていますが、いつ訪れてもデザイン的な古さを感じない永遠の美しさがあります。
今回訪問してみても、随所で感動してしまいます。
本当にすごい建築です。

丸菱建築計画事務所
c0225122_1843830.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2014-12-04 18:05 | 建築と街 | Comments(0)
<再投稿>東京スカイツリーはホントにかっこいいのか?
新宿区在住ですが、先日近所の交差点から東京スカイツリーが見えました。
かなり遠いはずなのに新宿から見えるとは、よほど高いのでしょう。
すごいですね。
c0225122_19573228.jpg

ところで、みなさんどうなんでしょう?
スカイツリーってホントにかっこいいの?かな、と思ったり。
みんな、無条件に受け入れているような気がしますが、ちょっと冷静に選球してみましょう。
建築家安藤忠雄氏と彫刻家澄川喜一氏がデザインしたらしいです。
大御所2人のコラボということなんでしょう。
でもあんまり安藤さんはスカイツリーについて語りませんよね。
そのあたりちょっと気になりますが。(思い通りのデザインにならなかったとか?)
江戸の火消しが使っていた纏(まとい)のように見えてくるのは私だけでしょうか。
c0225122_2021858.jpg

スカイツリーの展望階が、いかにも展望室つくりました!って感じが。。
この違和感は新奇的なものへの拒絶感なのか、ただまだ見慣れないだけなのか。
東京タワーの方がエレガントにみえるのは私だけか。
c0225122_2051396.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2012-05-21 11:30 | 建築と街 | Comments(13)
| ページトップ |
"City Moon" Skin
by Animal Skin