人気ブログランキング |
Top
土手下の住宅/模型/倉敷
計画中の土手下の住宅ですが、先日建て主さんに第一案をご提案してきました。
「いいですね!これでいきましょう!」と早くもGOサイン!笑
「いや、他の可能性もあり得るので、もう一案考えさせてください」とお伝えし、第二案を練ることにしました。
建て主さんは、私の設計した「うちかど助産院」で二人目のお子さんを出産された方で、助産院の建物をとても気に入って頂き、そのご縁で今回設計のご依頼を頂きました。
吹抜けのある開放的な住宅にしたいとのことで、住宅中央に吹抜けのあるLDKとしています。
玄関側からも、反対側の土手側からも、ドカンと中央に抜けを作っています。
かなり落ち着いた地味な外観のように見えますが、良く言えばシンプルな外観です。笑
c0225122_14212436.jpg
土手側からの眺め。
c0225122_14212904.jpg
玄関側からの眺め。

Top▲ | # by kajinoryuji | 2019-10-08 14:40 | 建築と模型 | Comments(0)
真備の住宅/水害復興/倉敷市真備町
昨年水害の発生した倉敷市真備町ですが、住宅の計画を進めています。
敷地周辺も空き地が多く、閑散とした風景になっています。
ひとつひとつ住宅を再建していくことで、街に活気が戻っていけばと思っています。
c0225122_16391045.jpg

Top▲ | # by kajinoryuji | 2019-10-02 16:43 | 建築と環境 | Comments(0)
土手下の住宅/計画中/倉敷
倉敷で川沿い土手下の敷地で住宅の計画をしています。
目の前には土手の斜面が広がります。
この広がり感を存分に取り込んだ住宅を計画できたらと思っています。
c0225122_16214856.jpg

Top▲ | # by kajinoryuji | 2019-10-02 16:23 | 建築と環境 | Comments(0)
イベントに参加/ASJ/岡山 大建築家展/岡山
ASJ/アーキテクツ・スタジオ・ジャパンのイベントに参加します!
昨年もこのイベントに参加しましたが、今年も参加させて頂きます。
c0225122_16210176.jpg

Top▲ | # by kajinoryuji | 2019-10-02 16:17 | 建築とイベント 岡山 | Comments(0)
手打うどん蔵/オープン/玉島乙島
倉敷市玉島乙島で進めていたうどん店舗がオープンしました!
当初は5月のゴールデンウイーク明けぐらいのオープン予定でしたが、遅くなりました!
店名の蔵という名前から、蔵の雰囲気の造りにしています。
外観は屋根と外壁を黒色に。
外壁は杉下見板張りに押縁で押えています。
風の強い地方や海辺の町に良く見る事ができる伝統的な仕上げです。
内部は、客席部分は水平に天井を張らず、屋根までの高い天井高になっています。
内装は店主DIYを多用し、また旧店舗の装飾物をふんだんに飾っています。
オープンしたばかりですが、内観は既に何年か営業しているかのような雰囲気が出来上がっています。
うどんの味はというと、モチモチ系の麺に甘めの出汁で、岡山県民に愛される味になっています!
お近くにお立ち寄りの際は是非ご利用を。
場所:倉敷市玉島乙島7283-1 (産業通り沿いENEOS乙島SS隣)
c0225122_12141471.jpg
c0225122_12140839.jpg
c0225122_12143034.jpg
c0225122_12142191.jpg
c0225122_12142671.jpg
丸菱建築計画事務所

Top▲ | # by kajinoryuji | 2019-09-25 12:28 | 建築とショップ 岡山 | Comments(0)
陰影礼賛/リノベーション/岡山
岡山市で築40年の住宅の耐震リフォーム工事が終盤を迎えています。
梅雨前の外壁塗装から始まり、耐震補強、部分補修、介護保険での手摺取付、2階天井裏断熱材設置、階段傾斜補正、フローリング増し張り、建具調整などなど。
現場と事務所が近くないとなかなか頻繁に現場監理できない部類の仕事でした。
昔の作りの住宅ですので、やっぱり基本家の中が暗いのが特徴でした。
ふと、電気のない時代の日本の家屋は、よりもっと暗かったのだろうと勝手に想い巡らしました。
そういった深い闇の中で、文化・文学・芸術・食・建築など、、、日本独自の美学が誕生したのだろうと、つくづく感じます。
今回のリフォームの中で、戸襖の襖紙の張替えをしました。
写真にあるこの襖紙はある程度の闇があってこそ、その闇に光がじんわりと差し込んできてこそ、その美しさを発揮できる日本独自のデザインだなぁと感じました。
家の中の闇は全て消し去るものではなく、こうやって襖紙に光をきらめかせ楽しむぐらいの気持ちがあってもいいですね!
c0225122_16164306.jpg

Top▲ | # by kajinoryuji | 2019-09-10 16:29 | 建築と文化 | Comments(0)
新幹線沿いの家/市街化調整区域/倉敷
市街化調整区域で建築の計画を進めています。
市街化調整区域とは、主に市街化を抑制している区域の事で、市街化区域と比べてすんなり建築確認申請に進めることができません。
都市計画法の手続きが必要で、土地の状態により手続きの方法や期間が変わってきます。
まずは役所の開発指導課で手続き方法を確認していきます。
建て主さんとしては、お金と時間に関わってくるので気がかりな内容かと思います。
c0225122_15512662.jpg
敷地は新幹線の高架すぐ横の敷地という、非常に稀な立地です。
時折轟音と共に風圧が一気に押し寄せてきます。
ビュンー!!と。
地盤の揺れではなく、空気の圧がすごいんです。
近くの田の間には、新幹線の車窓からしか見ない「727cosmetics」の看板が設置されています。
敷地の逆側には、在来線が走っていますが、こちらは相対的にとてものどかに感じてしまいます。
いずれにしても、とても特殊な敷地です。
c0225122_15515647.jpg

Top▲ | # by kajinoryuji | 2019-09-10 16:03 | 建築と環境 | Comments(0)
リノベーション/築40年/一部解体中/倉敷
倉敷で築40年の住宅の部分的なリノベーションをしています。
c0225122_14391819.jpg
築年数が古いので、耐震補強を行いつつ、キッチン・浴室とリビングまわりを改修していきます。
耐震については、1階X方向評点0.37を1.08に。1階Y方向評点0.83を1.24に上げていきます。
1階玄関まわりに鉄骨の柱梁が使用されており、純粋な木造軸組工法でないので、市の補助金は使えない案件です。
昭和56年より古い木造住宅のリノベーションの場合は、耐震補強とからませるのがいいかと思います。
c0225122_14392399.jpg
見ての通り、昔の住宅には断熱材が入っていないので、もちろん夏暑く冬は寒いですね。

Top▲ | # by kajinoryuji | 2019-08-25 14:49 | 建築と現場 その他 | Comments(0)
船穂の住宅/内観/竣工写真/倉敷
船穂の住宅ですが、今日無事引渡しをしています。
c0225122_16492904.jpg
リビングの様子。
リビングの奥には和室が続いています。
c0225122_16493809.jpg
キッチンから玄関と納戸を眺める。
キッチン床はライムストーン張り。ナラの床材と色の具合が合っています。
奥の納戸は玄関横なので、靴や外回りの物を置いたりできますし、冬場はコートを掛けたりできます。
またキッチンでどうしてもあふれてしまう寸胴やお米、乾物などは納戸にも置くことが出来、なにかと重宝できる部屋になります。
c0225122_16495197.jpg
階段室は建物中央に位置するので、外壁に面する窓がありません。
天窓をつけて上部より光を取り入れることで、日中あかりをつけなくても十分明るい空間になっています。
c0225122_16500258.jpg
玄関から和室を見た様子。
ちょうど和室の地窓が見え、視線が奥へと抜けていきます。
視線の先に抜けがあるのはやっぱり気持ちいいですね。
この写真で気持ち良さが伝わってきますね!

Top▲ | # by kajinoryuji | 2019-08-01 16:58 | 建築と写真 open house | Comments(0)
イベントに参加/ASJ/第36回未来をのぞく住宅展/鳥取
ASJ/アーキテクツ・スタジオ・ジャパンのイベントに参加します!
鳥取県米子市には行ったことがあるのですが、鳥取市には今回初めて行くことになりました。
どんな3日間となるか、今から楽しみです。
c0225122_10201816.jpg
c0225122_10202503.jpg
丸菱建築計画事務所

Top▲ | # by kajinoryuji | 2019-07-30 10:31 | 建築とイベント | Comments(0)
| ページトップ |
"City Moon" Skin
by Animal Skin