人気ブログランキング |
Top
新幹線沿いの家/市街化調整区域/倉敷
市街化調整区域で建築の計画を進めています。
市街化調整区域とは、主に市街化を抑制している区域の事で、市街化区域と比べてすんなり建築確認申請に進めることができません。
都市計画法の手続きが必要で、土地の状態により手続きの方法や期間が変わってきます。
まずは役所の開発指導課で手続き方法を確認していきます。
建て主さんとしては、お金と時間に関わってくるので気がかりな内容かと思います。
c0225122_15512662.jpg
敷地は新幹線の高架すぐ横の敷地という、非常に稀な立地です。
時折轟音と共に風圧が一気に押し寄せてきます。
ビュンー!!と。
地盤の揺れではなく、空気の圧がすごいんです。
近くの田の間には、新幹線の車窓からしか見ない「727cosmetics」の看板が設置されています。
敷地の逆側には、在来線が走っていますが、こちらは相対的にとてものどかに感じてしまいます。
いずれにしても、とても特殊な敷地です。
c0225122_15515647.jpg

Top▲ | by kajinoryuji | 2019-09-10 16:03 | 建築と環境 | Comments(0)
<< 陰影礼賛/リノベーション/岡山 | ページトップ | リノベーション/築40年/一部... >>
"City Moon" Skin
by Animal Skin