Top
外構/ブロック敷き/砂利敷き/岡山
日々愛情をもって!?細部から細部まで設計していますので、竣工し引き渡した建物は、まさに我が子同様。
常に気に掛け、足を運んでいます。

またまた、児島の<うちかど助産院>に行ってきました。
うちかどさんから駐車場についてお話を頂き、現状コンクリートとリュウノヒゲをストライプ状にしているのですが、リュウノヒゲの方が15ミリから20ミリ程場所によっては下がっていて、足をひねりやすいとのお話で。
c0225122_10590612.jpg
以前も同様のお話を頂いていたので、これはやはり設計の不具合で改良した方がよく、工務店さんと色々相談しつつ。
粒の大きさが5ミリ~10ミリ程度の砂利を敷き、高さを少し上げてみることにしました。
10列程あるのですが、まずは1列分を試してみて、リュウノヒゲも枯れずにいけそうであれば、残りの列も砂利を入れる方針。
アフターケアも、今後の設計にフィードバックできる良い機会になります。

最近暑くなってきましたので、93歳と85歳の夫妻が暮らす、<11坪の平屋>にも行ってきました。
太陽光が沢山入る仕様にしているので、夏場の暑さ対策の確認がしたく。
今後より暑くなってきたら、バーチカルブラインドをすることと、躊躇なくエアコンを使うことをお願いしてきました。
c0225122_11023340.jpg
外構のブロック敷きは、ご自身でされるということで、3月に引き渡したのですが、最近少しずつご自身でブロックを敷いている様子。
恐るべき体力・気力で、脱帽ものです。。
また完成した頃を見計らって、進捗を見に来たいと思います。
c0225122_11024037.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2018-06-06 11:05 | 建築と写真 竣工後 | Comments(0)
<< 児島の小さなアトリエ/Tiny... | ページトップ | dezeen/メディア掲載/岡山 >>
"City Moon" Skin
by Animal Skin