Top
タグ:常滑市N邸 ( 12 ) タグの人気記事
Top▲ |
来年も福きたれ。
今年もそろそろ年末ということで、ラストアップを。
常滑名物「とこにゃん」で締めを。
常滑は陶器製招き猫の生産日本一みたいです。

来年も福がきますよ~に祈願して。

c0225122_17385146.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2012-12-27 17:39 | 建築と関係のない話 | Comments(0)
常滑N邸 竣工写真!-2
常滑N邸ですが、内部写真をアップ。
垂木の連続と、現しの柱梁の架構で構成された全体に、ここは壁、ここは建具、ここは吹き抜けと、壁・建具・吹き抜けで架構の間を取り合います。
基本は大壁工法ですが、部分的に真壁が混じってきます。
大壁なのに部分的に真壁にすると、端部端部で取り合いが複雑になります。
そのコントロールが今回は難しいポイントでした。
完成してみれば、どこが大変だったのだろうと見えるかもしれませんが、
実は大変だったのです。笑。
2階はスキップフロアで、2箇所で段差があります。
1階にも縁側に上がる際に内部側にデッキがあって、上下階共その段差がベンチの
替わりにもなります。
家の中に様々な高さの視点ができて、変化に富みます。
上階には物見櫓のような小屋裏収納があります。
c0225122_16503113.jpg

c0225122_1651992.jpg

c0225122_1651574.jpg

c0225122_16514439.jpg

c0225122_16513328.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2012-12-26 16:51 | 建築と写真 竣工前 | Comments(0)
常滑N邸 竣工写真!
常滑N邸ですが、無事お引渡しを終えました!
建て主さまはじめ、工務店さんや関係者の皆さんお疲れ様でした、ありがとうございます。
広大な敷地にほっこり暖かみのある家ができました。
ご家族と共に家も庭も育っていく、10年後20年後も楽しみな家です。
大きな庭に面してこれまた大きなウッドデッキを設えました。
この縁側上部にもまた大きな屋根がかかっています。
1Fの大きな掃き出し窓を開放すると、内と外が一体的につながります。
ここをどんな使い方をするか、とても楽しみです。
c0225122_15283935.jpg

c0225122_15114916.jpg

c0225122_151221.jpg

c0225122_15121894.jpg

c0225122_15321161.jpg

c0225122_15245657.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2012-12-21 15:07 | 建築と写真 竣工前 | Comments(4)
常滑N邸 引渡し間近!
常滑N邸ですが、明日お引渡しです。
先週完了検査の際に撮影した写真をアップ。
やっぱりこの縁側が気持ちよさそうですね。
お子さんのランドセルも早速ここにおいていますし、やっぱりここは使い勝手がいいのでしょうね。
c0225122_19542174.jpg

c0225122_19545562.jpg

一部の内部壁にフローリング材のからまつを張っています。
c0225122_19551513.jpg

キッチン天板もかなり大きくステンレスがとてもきれいですね。
カウンター下の棚を外せば、対面キッチンとしても使うことができます。
c0225122_1956073.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2012-12-18 19:57 | 建築と現場 常滑N邸 | Comments(0)
常滑N邸 焼杉外壁+縁側 引渡し迫る!
愛知県常滑市のN邸ですが、12月中旬の引渡し予定で、来週からクロス貼りに入ります。
現場の進行状況の確認に日帰りで行ってきました!
11月下旬とは思えない暖かな天気で、日差しの下では少し暑いぐらい。

都心では考えられない程の広い敷地の北よりに配置していて、南側から見ると焼杉板の外壁で落ち着いた表情になっていますね。建て主さんは、苗木植えにはまっていらっしゃって、せっせと敷地に植樹しています。時間と共に家族も家も木々も成長していくのが楽しみですね。
c0225122_18471131.jpg

階段と手すりは、最上段の段板を補強的に吊り上げる形にしています。
工務店さんと鉄骨屋さんに色々提案を頂いて、うまくきれいにできました。
c0225122_18512461.jpg

リビングから吹き抜けを見上げた様子。小屋裏収納が物見櫓みたいに見えますね!
いろんな高さに床があって、変化に富んだ内部です。
c0225122_18521970.jpg

逆に櫓から見下ろすと、1F床に入った光がバウンドして2F吹き抜け横の壁を明るく照らしていますね。
それだけ南側からの光は沢山入ってきます。
c0225122_18554136.jpg

南側軒下の大きな縁側空間!
いろんな使い方ができそうですね。
何しますかねー、何でもできそうですねっ。
愛犬のシャンプー後のブラッシングやドライヤーは間違いなくここですね。
日差しの強い夏場は、梁にすだれとか掛けるといいですね。
c0225122_1953852.jpg
c0225122_1964214.jpg

c0225122_196747.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2012-11-22 19:07 | 建築と現場 常滑N邸 | Comments(0)
常滑N邸 手すりがつきました!
常滑N邸ですが、来月引渡し予定で、どんどん仕上げが進んでいきます。
工務店さんから写真が届きました。
階段・階段廻りの吹き抜けに手すりがつきました!
黒の手すりは全体が引き締まっていいですねっ。
c0225122_20463634.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2012-11-13 20:46 | 建築と現場 常滑N邸 | Comments(0)
常滑N邸 片持ち階段施工中!
常滑N邸ですが、片持ち階段を施工中です!
工務店さんから写真を頂きました。
壁に差し込んで片持ちにしてまして、後で手すりをつけるのですが、その手すりで若干補強させる予定です。下には全く支えがないので、かなり楽しげな階段になりそうですね。
早く上り下りしてみたいですねー。
c0225122_2174561.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2012-11-06 21:08 | 建築と現場 常滑N邸 | Comments(0)
常滑N邸 単純なようで複雑な屋根形状!
常滑N邸ですが、先月現場に行ってまいりました!
前回、前々回と夏真っ盛りで暑かったのですが、少し暑さが落ち着いていました、が、東京に比べるとまだまだ暑かった常滑。
外部・内部ともに工事が進んでいます。
外部は木板が張られ、グッと引き締まってますねっ。
c0225122_20162143.jpg

内部は特に垂木の形状が面白い。
一見すると単純な垂木の連続なのですが、場所により、見る角度により大きく変化!
迫ってくるようで、上に伸びていくようで、また交差してねじれているような。
鯨の口の中?なのか。
c0225122_20185459.jpg

c0225122_20191553.jpg

c0225122_20192228.jpg

c0225122_20193659.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2012-10-22 20:19 | 建築と現場 常滑N邸 | Comments(0)
常滑N邸 現場打合せ!
愛知県常滑N邸ですが、上棟後の現場打合せに行ってきました!
現場に行くのは2回目。
今回は、電気関係の打合せがメイン。
それと、屋根関係の仕上がり具合をチェックしにきました。
前回は基礎工事でしたから、既に家らしい姿が現れました。
c0225122_20283337.jpg

1Fから吹き抜けを見上げ。
スキップフロアの2Fに小屋裏収納、屋根下が一度に見えていて、迫力がありますね。
壁以外は垂木や梁が仕上げとしてそのまま残るので、この見えと同じ感じが竣工時
も見えます。光も四方八方から入ってくるので、より立体的に見えますね。
c0225122_20315623.jpg

梁のあらわしが多いので、配線ルートは事前にうまく設定しておかないと、うまく
配線を取り回すことができなくなってしまいます。備えあれば憂いなしですね。
c0225122_2037112.jpg

カナダツガの垂木の連続がきれいですね。
c0225122_20404371.jpg

庇の出のある建物は落ち着きと品が自ずと出てきますね。
c0225122_2043484.jpg

ここのところずっと忙しくブログアップが遅れていましたが、徐々にまた復活したいと思います。笑。
名古屋や常滑の街情報がたんまりたまっているので、紹介するネタは沢山ありますょ。
そういえば、相模原案件で相模湖周辺も行きましたし、またちょっとずつアップしていきますね。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2012-09-10 20:44 | 建築と現場 常滑N邸 | Comments(2)
常滑N邸 配筋検査!
常滑N邸ですが、現場が始まりました!
愛知県常滑市ですが、分かりやすく言いますと、中部国際空港(セントレア)のある市ですね。
よって自ずと、交通の便もよくなっているようでして、名古屋からも特急で34分。東京から考えても2時間半程度ですので、そんなに遠くないんですね。窯業で栄えた町で、なーんと、INAXの本社はここ常滑です。
ですので、現場のすぐ近くにもタイルの工場がありました。
c0225122_16305061.jpg

木綿豆腐みたいですが、これタイルです。笑。
さて、現場監理ですが、前日に配筋検査を行い、配筋の具合やアンカー等の金物の状況を確認。
型枠も配筋も問題なくできていました。この2日間の愛知は36度、37度で異常に暑い日でしたが、職人さん達はきっちり仕事を進めています。
c0225122_16351968.jpg

c0225122_16353675.jpg

若干固めのコンクリートでしたが、職人さんが連携してサクサク進めています。
c0225122_1637534.jpg

コテできれいに均して仕上げていきます。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2012-07-30 16:38 | 建築と現場 常滑N邸 | Comments(2)
| ページトップ |
"City Moon" Skin
by Animal Skin