Top
趣味の陶芸 備前焼!
近所で開かれている市民講座で、趣味レベルとして備前焼を習い始めました。
習い事というのが、思い起こすところ、小学校の剣道?または中高の塾以来、何十年ぶりでしょうか。
たまにはこういう習い事もいいものですね!
高校までは岡山で、高校以降はずっと東京での生活で、全く備前焼に接点もなく、興味もなく過ごしてきましたが、岡山に戻って開業以来、備前焼の作家さんと知り合いになったり、見聞きするうちに、岡山では身近にある備前焼というものに徐々に興味がわいてきました。

何事も、ちょっとでもその分野をかじると、その分野の大変さ、奥の深さ、すばらしさを感じるものですが、今回もまさにそうで、なかなか上手に作れるものではありません。
サッカーとかスポーツでも全く同じですね。

今回の講座は電気釜を使用するので、表情の深さまではでませんが、初心者として基本的なつくり方を少しずつ学んでいるところです。

焼く前の小鉢。
c0225122_10202037.jpg

焼く前の湯呑み。
c0225122_10203360.jpg

焼いた後の大鉢。
c0225122_10204682.jpg

焼いた後の小皿。
c0225122_10205575.jpg

[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2015-12-14 10:22 | 建築と関係のない話 | Comments(0)
<海を望む>プロジェクト 対岸からの眺め!
<海を望む>プロジェクトですが、敷地東側のちょっとした川といいましょうか、運河といいましょうか、その対岸から全体の様子を撮影してみました。
といってもまだ仮囲いがありますので、全貌ははっきり見えませんが、うっすらシルエットが透けて見えます。
手前には切妻屋根のすっきりしたスタイルが見えます。
このアングルで建物右側がエントランスとなります。
屋根中央にはトップライトがあるのが見えています。

丸菱建築計画事務所

c0225122_951057.jpg

[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2015-12-14 09:51 | 建築と現場 <海を望む> | Comments(0)
<海を望む>プロジェクト 屋根板金工事!
<海を望む>プロジェクトですが、屋根板金工事を進めています。
海辺に建つ建物として、海面と同様に銀色にきらめく面をつくりたいと思い、屋根板金は銀色を選定しています。遠景として海と建物を眺めたときに、海の延長上として一体的に輝くのではと思っています。
また仮囲いが外れた際には遠くから見てみようと思います。

丸菱建築計画事務所

c0225122_16513484.jpg

c0225122_16514619.jpg
c0225122_16515236.jpg

[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2015-12-06 16:51 | 建築と現場 <海を望む> | Comments(0)
<海を望む>プロジェクト 模型写真!
<海を望む>プロジェクトですが、模型写真を紹介。
以前までは素材感のない白い模型でしたが、現在は素材感の分かる模型にしています。
これぐらい具体的に表現すると、最終的な建物とほぼ同じ見た目となります。
現在は工事中で仮囲いがあり、外観の様子を見ることが出来ませんが、来月には外観をお披露目することができるかと思います。
またその日が楽しみです。

丸菱建築計画事務所

c0225122_1617191.jpg
c0225122_16171029.jpg

[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2015-12-06 16:17 | 建築と現場 <海を望む> | Comments(0)
<海を望む>プロジェクト 跳ね出し屋根!
<海を望む>プロジェクトですが、現場の進行状況の確認に行ってきました。
構造金物もほぼ設置が終わっているので、金物検査も行いました。
写真は、エントランス上部の跳ね出し屋根。
1間程度跳ねだしており、写真に写っていない側は袖壁を伸ばして跳ね出し部を支えています。
また吹き上げ力によるアオリ留めとして、丸鋼金物で引っ張っています。
屋根垂木は現しなので、完成時もこの見上げた姿となります。
c0225122_14325136.jpg

写真の奥は二階の浴室で、浴室の窓からは海が目の前に広がります。
仮囲いのネットが取られる日が待ち遠しいですね。
c0225122_1434529.jpg

隣接する建て主さん宅の庭にサンショの木があるのですが、毎日ハトが実を食べにきているそうで。
辛くないのでしょうか、それとも少し口元がしびれるのが病みつきになっているのでしょうか。
c0225122_14365648.jpg

今日の海の様子。
冬の太陽高度の影響か、真昼でも水面が銀色に輝いています。
c0225122_14383812.jpg


丸菱建築計画事務所
[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2015-11-27 14:39 | 建築と現場 <海を望む> | Comments(0)
<海を望む>プロジェクト 少しずつ進行中!
<海を望む>プロジェクトですが、少しずつ工事は進んでいます。
天井に先行して電気配線を仕込んでいます。
ここは2階の海側の吹き抜けの様子。
沢山の断熱材が置かれていますが、最終的にはここは吹抜けになります。

丸菱建築計画事務所

c0225122_15301374.jpg

[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2015-11-23 15:30 | 建築と現場 <海を望む> | Comments(0)
<海を望む>プロジェクト 今日の現場!
<海を望む>プロジェクトですが、今日の現場の様子です。
平屋部分の化粧野地板を張っています。
少しずつ全体像が見えてきました。
まだ外壁・内壁ができていないので、各部屋の大きさが見えませんが、天井を見上げた姿はこの形となります。

丸菱建築計画事務所
c0225122_16262150.jpg

[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2015-11-12 16:26 | 建築と現場 <海を望む> | Comments(0)
<海を望む>プロジェクト 外壁塗装色検討!
<海を望む>プロジェクトですが、外壁塗装色の検討中。
何色かの色を塗り、色の具合を見ていきます。
事務所内には、色付けした模型がみえています。
c0225122_16553687.jpg

現場の様子。
2階建て部分の屋根垂木が見えています。
屋根勾配は抑え目にして、できる限り軒を張り出しています。
c0225122_16594057.jpg

c0225122_16304886.jpg


丸菱建築計画事務所
[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2015-11-10 17:02 | 建築と現場 <海を望む> | Comments(0)
<海を望む>プロジェクト 上棟!-3
<海を望む>プロジェクトですが、引き続き上棟の様子。
上棟もそろそろ夕方にさしかかり、終わりを迎えます。
建物からは瀬戸大橋が見えます。
手前には漁港もあり、のどかな瀬戸内の風景です。
c0225122_18101173.jpg

棟木先端から平屋部分を見下ろした様子。
c0225122_18124539.jpg

波の無い海が夕日を浴びて、とてもきれいですね。
琵琶湖の方がまだ波があるのではと思ってしまいます。
なにやら近所の人たちが沢山集まってきています。
c0225122_18142763.jpg

今回は最後に餅投げをしました。
沢山の近所の方々は、事前に建て主さんが近隣に案内のビラ撒きをしており、時間に合わせて大勢集まってくれました。
私は子供のころに、確か小学生の時か、神社のお祭りで、必死になって餅投げに参加した思い出があります。
それ以来、30年ぶりぐらいに餅投げに出くわしました。
c0225122_1818141.jpg

丸菱建築計画事務所
[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2015-10-27 18:18 | 建築と現場 <海を望む> | Comments(0)
<海を望む>プロジェクト 上棟!-2
<海を望む>プロジェクトですが、前回に引き続き上棟時の様子。
建て主さんの現在のお住まいは、建設敷地の北隣。
現在のお住まいから南の海が今と変わらず見えるように、建物西側を平屋にして、海が見えるように高さ調整をしています。これは設計段階から両方の建物高さを調整し、ちょうど海が見える高さに設定しています。
c0225122_1824917.jpg

母屋の手刻みに、垂木を落とし込みます。
c0225122_183146.jpg

2階吹抜けからの海の眺め。
竣工後もこの見え方は変わらない予定です。
釣り船がゆらゆら揺れる様子も見えそうですね。
c0225122_1831280.jpg

入所室から海への眺め。
少し目線の高い位置から撮ってしまったようですが、入所するお客さんの目線はもう少し低い目線となるでしょう。
頭上の天井は垂木の連続が海へと伸びていきます。
c0225122_1832599.jpg

その垂木を上から見下ろすと、ちょうど西日が垂木を照らしていました。
北側へと上昇していく垂木は、内部にきっと気持ちの良い風と光を運んでくれることでしょう。
c0225122_1833610.jpg

丸菱建築計画事務所
[PR]
Top▲ | # by kajinoryuji | 2015-10-26 17:51 | 建築と現場 <海を望む> | Comments(0)
| ページトップ |
"City Moon" Skin
by Animal Skin