Top
<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
岡山県被災建築物応急危険度判定士!
先日、岡山県被災建築物応急危険度判定士の講習を受けてきました!
応急危険度判定とは、大規模地震後早急に現場に入り、被災建築物の状況を「緊急に、暫定的な状況を明示する」活動のことで、県内活動の場合は市町村から、県外活動の場合は国交省からの要請によりボランティアとして仕事を行います。
例えば、阪神淡路大震災や東日本大震災の際、被災建築物に下記のような赤色や黄色の紙が貼ってある映像を見たことがある方もいらっしゃると思います。
被災建築物に下記の表示を貼ることで、その建築物がどういう状態なのか、危険なのか、要注意レベルなのか、安全なのか、いち早く所有者や付近の人たちに建築物の状態を知らせることができます。
そうすることにより、後発する余震による倒壊の危険性や外壁・窓ガラスの落下等の人命に関わる二次的災害を防止することができます。
建築意匠の専門として建築デザインももちろん大切ですが、一建築士として、また社会に関わる一市民として、災害時に何ができるか。
そう考えたとき、私の職能の中で貢献できることの一つとして、判定士の資格を取得しました。
またいつ大地震が起きるか誰にも分かりませんが、もっとも、大地震は起きて欲しくありませんが、もしもの時の為に、いつでも出動できる、社会貢献のできる人間でいたいと思います。
c0225122_15375219.jpg
c0225122_15375976.jpg
c0225122_1538988.jpg


丸菱建築計画事務所
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2014-02-28 11:43 | 建築と丸菱 | Comments(0)
「純喫茶 東京」 東京ではなく岡山にあります!
c0225122_1433496.jpg

昨年、岡山に戻ってきて、ふと街中で見かけた看板。
喫茶店ですが「東京」という名前。お店の外観は古ぼけた雰囲気。
正直苦笑いをしてしまいました。
東京から帰ってきたばかりの岡山で「東京」という名の古びた喫茶店。
いやいや、絶対東京じゃないし、ここは岡山ですし、第一みんなが思う東京って、もっと流行の最先端ですし。。  
こう思ってしまうところでもうこのお店の罠にはまってしまっているのでしょうか。
そうです、まんまと罠にはまり、後日伺いました、喫茶東京。
c0225122_14331978.jpg

ど~ん、と溢れんばかりの特大シャンデリア。
いいじゃない!喫茶東京!
すごいですね、このシャンデリア。
店内の雰囲気も面白く、最高にくつろぐことができます。
恐るべし東京。
東京から来る友人には一番岡山らしい場所、東京に連れていきたいものです。

丸菱建築計画事務所
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2014-02-25 14:35 | 建築とショップ 岡山 | Comments(2)
ハルミファインクラフト 倉敷FINT
倉敷の呉服店はしまやさんの敷地内にHARUMI FINE CRAFT さんが運営する倉敷FINTという家具店があります。
オーナーは椅子職人でもあり、ご自身デザインの椅子の他、他の作家の椅子も販売しています。
大きな系統としては北欧系の椅子となりますが、見た目よりも実際に手に取って座ってみますと、その技術力の高さ、座り心地の豊かさには驚かされました。
私が思う最高の椅子というのは、一度腰かけるともう二度と立ち上がりたくなくなる椅子だと考えているのですが、今まででは、paulkjaerholnのPK22や、miesのbarcelona chair、jasper morrisonのlow pad chairでそれを感じてきましたが、こちらの椅子もかなりの「立ち上がりたくない」椅子でした。
2シーター、1シーターのソファに加え、ダイニングチェアーも様々品揃えがあります。
ここに紹介している椅子以外にもまだ沢山あります。
c0225122_13334590.jpg
c0225122_13335456.jpg
c0225122_1334517.jpg
c0225122_13341385.jpg

丸菱建築計画事務所
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2014-02-25 13:35 | 建築と家具と椅子 | Comments(0)
ビアンキbianchi !
自転車が好きなのですが、元はと言いますと、祖父が昔ある一時期競輪選手をしていたようでして、その流れで昔から凝った自転車が車庫に何台かありました。そういうのを見て育ったので、自ずと私も好きになり、今乗っているのがこのオールドファッションなビアンキです。新しいものも好きですが、こういった歴史の流れを感じさせてくれる古風なデザインも大好きです。
c0225122_1493685.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2014-02-22 11:52 | 建築と関係のない話 | Comments(0)
倉敷木材(クラモク)でテーブル天板探し!
先日、大学の先輩である大久保憲作社長の倉敷木材(クラモク)に、テーブル天板探しに行ってきました!
進行中の岡山Y邸に使用するテーブル天板を探しており、無垢材を多数在庫しているクラモクさんの材木蔵にどんな木があるか下調べ。
c0225122_0492564.jpg

大小さまざまな種類の板が展示されており、全て見るには時間がいくらあっても足りなさそうです。一つ一つに特徴があり、非常に面白い。こうやって材を見ていると、どんどんイメージが膨らんでいきます。
無垢材一枚板にするともちろんかなりの金額となりますので、幅の狭いいくつかの材を使って、剥ぎ板とするのが予算的にはうまくおさまります。
さて、どの材と材を組み合わせましょうか。
c0225122_0494745.jpg

これはカエデの剥ぎ板。やさしさのある落ち着いた色と表情ですね。
c0225122_051119.jpg

こちらはクリの木。きれいな杢目をしていて、今回想定しているY邸の内装に合いそうです。
c0225122_053426.jpg

左の細いのはタモ、右はウォールナットでしょうか。

丸菱建築計画事務所
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2014-02-21 00:55 | 建築とショールーム | Comments(0)
自転車店リピト・イシュタール、雑誌ananに掲載予定!
昨年店舗デザインをさせて頂いた新宿区西早稲田の自転車店リピト・イシュタールですが、雑誌ananの取材を受けたようです!
3/26頃発売号に載る予定らしいですが、また発売近くなったら告知します。
どんな大きさになるかもわかりませんが、もしかしたらすごく小さいかも知れませし、すごく大きい?かも知れませんし、それは発売されてからのお楽しみという事で。

丸菱建築計画事務所
c0225122_1755064.jpg

c0225122_17551589.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2014-02-12 17:56 | 建築とメディア | Comments(0)
| ページトップ |
"City Moon" Skin
by Animal Skin