Top
<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
高円寺I邸 竣工・引渡し!
高円寺I邸ですが、竣工し引き渡しとなりました!
I邸御夫妻と初めてお会いしたのは、ちょうど昨年の10月でした。ちょうど一年間をかけ、御夫妻も御満足頂ける住宅として仕上がりました!
完成までにこの住宅建設に関わって頂いた方々は、延べ50人を超え、70人、80人規模になるのではないでしょうか。基礎工事・鉄筋工事・水道工事・電気工事・板金工事・塗装工事・建具工事それぞれの専門工の方々が結集し、さらに各種メーカーの方々、まさにみなさん一人ひとりの御尽力のお陰ですね!今年の夏は特に暑かったですから、現場の方々はホント大変だったかと思います。お疲れ様でした。ありがとうございました!!
c0225122_184523.jpg
c0225122_1841192.jpg
c0225122_184198.jpg
c0225122_1842856.jpg
c0225122_1843545.jpg
c0225122_1845196.jpg
c0225122_1845866.jpg
c0225122_185384.jpg

新井大工お疲れ様です!
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-10-29 18:05 | 建築と写真 竣工前 | Comments(2)
T邸 外壁色検討中!
T邸ですが、外壁色の検討を行っております!
c0225122_1455688.jpg

中央の白系のサイディングをT邸のガルバリウムに見立てて、その左側から時計廻りに塗装色を紹介しますと、
オパールホワイト・ドリフトウッド・ウォールナット・素地そのまま、です。
塗料はキシラデコールで当初考えていましたが、今回はシッケンズ・セトールHLSでサンプルを作ってみました。
c0225122_14552012.jpg

個人的には左上のドリフトウッドあたりがいい風合いなのではと思っています。
塗装はもちろん経年変化によって退色していきますので、当初はいくらか色があったほうがよいかなと思います。塗装なしで素地のままですと、クリア塗装や素地そのままですと幾分痛みが早くなるようですので、塗装を施したほうがよいようです。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-10-28 15:03 | 建築と材料 | Comments(0)
汐留 パナソニック電工ショールーム!
汐留のパナソニック電工のショールームに行ってきました!
c0225122_18521822.jpg

パナソニックの照明器具が勢ぞろいです。
パナソニック製の照明器具を検討されている方には、実際にサイズや光量を目で見て触って体験できるので、是非是非お勧めです。
c0225122_18375219.jpg

沢山の照明が天井についていて、一つ一つ点灯させて確認できます。
c0225122_18531623.jpg

電球や蛍光灯もいろんな種類があって、基本を学ぶにも適しています。
c0225122_1854497.jpg

パナソニック電工HPから事前予約しますと、係りの方が付き添って案内・説明をしてもらえるようです。
c0225122_18541912.jpg

IHヒーターもありますょ。
c0225122_18544244.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-10-25 18:54 | 建築とショールーム | Comments(4)
新規案件始まりました!
新規案件始まりました!
設計トライアル期間を経て、正式にスタートです。
c0225122_1412418.jpg

c0225122_1412534.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-10-25 14:13 | 建築と模型 | Comments(2)
T邸 玄関上の庇取り付け!
府中市T邸ですが、玄関上のスチール庇の取り付けを行っています!
c0225122_15123681.jpg

小雨の現場でしたが、上部から庇を吊りつつ、躯体に取り付けを進めています。
c0225122_1513213.jpg

庇の出が800mm程度と、存在感のある庇となっています。
c0225122_15152761.jpg

いいですね!
c0225122_151555100.jpg

現場監理中の私。たまには自分の姿でも。
今日の様子は所長のブログにも紹介しておりますので、こちらも一緒にご覧下さい。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-10-20 15:16 | 建築と現場 府中T邸 | Comments(0)
引戸木口埋込引手!
引戸で壁内に引き込まれる形式が一般的にあります。
引き込まれてしまうと、戸を引っ張り出すことができなくなります。
そういう時は、戸の木口面に専用の引手金具を取付ける必要があります。
いろいろな形がある中で今回I邸で採用した引手がこれ!
c0225122_1718289.jpg

c0225122_17184516.jpg

穴が開いているだけで、指をいれて引っ張ると戸を引っ張り出すことができます。
シンプルかつ機能的かつ安価で、戸あたりとなる建具枠にも傷を付けないので、小さいながらも優れものです。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-10-19 17:20 | 建築と細部 | Comments(0)
I邸 勉強机と棚 室内物干し!
I邸ですが、確認機関による完了検査が行われました!
無事指摘事項なく終了しました。
また同時に、施工会社による工務店検査と、設計事務所による設計検査を行いました。
細かな塗装不良や微調整作業を互いに確認し、仕上げ調整作業を行い、来週末の引渡しへと進んでいきます。
c0225122_16545114.jpg

勉強机と棚。
c0225122_16551857.jpg

c0225122_1656148.jpg

スチールΦ16曲げ加工による室内物干し。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-10-19 16:56 | 建築と細部 | Comments(0)
T邸 階段がつきました!
府中市T邸ですが、階段が施工されました!
c0225122_2024117.jpg

階段を登るにつれて視点が上下に移動するので、ちょうど先日紹介した「広々大階段!」をいろんな角度から見ることができます。ちょうど真横からみると視線が奥まで抜けるので、660mmのスキップフロアが大変効果的なのが実感できます。
c0225122_20272199.jpg

c0225122_2027333.jpg

建物を振り返ってみると、ちょうど夕焼けがきれいでした。でも暗くなるのが早くなってきましたね。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-10-16 20:28 | 建築と現場 府中T邸 | Comments(0)
I邸 素材!
高円寺I邸ですが、清掃作業に入り、ようやく床材が現れました!
今までは材の保護の為、養生をしておりましたが、ついにお披露目。
c0225122_20152536.jpg

杉ですが、やわらかく非常にあたたかい材です。素足や手で触れてもとても気持ちいいですね。
c0225122_20161971.jpg

キッチンの横にある部屋への小さめの引戸。シンプルに仕上げています。
c0225122_20175834.jpg

1F外壁のレッドシダーですが、濃い色に仕上げています。焼杉板みたいないい色合いになっています。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-10-16 20:19 | 建築と材料 | Comments(0)
T邸 多角形な内観!
府中市T邸ですが、内装デザインの検討中です!
c0225122_20382440.jpg

2Fのスキップフロアの様子。イメージわきますね!現場とホント同じ形です。模型で随時検討を加えていくのは、設計事務所ならではで、ハウスメーカーではまず行われない工程ですょ。
c0225122_20173325.jpg

上部から2Fとロフトを見下ろした様子。
ロフトの下部はキッチンです。
c0225122_20184950.jpg

ダイニングの様子。多角形としての面が折れ曲がり連続していき、空間として包まれるところ、窓があって視線が抜けるところ、壁がなくて空間が拡がっていくところ、というように、「開」と「閉」にメリハリを与えて、より多様性を作っていきたいと思います。
斜め壁が音楽ホールの音響反射板のように見えて、ついついキーボード奏者と歌手を入れてしまいました。'90で言うと小室哲也と華原朋美か、今でいうとgirls next doorとか、ミヒマル何とかとか。(笑)(スミマセン、暴走)
c0225122_20274356.jpg

床材はパイン。塗装によって色を変えることができますが、クリアー塗装で素材そのままの色でもいいのかも。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-10-15 20:28 | 建築と模型 | Comments(2)
| ページトップ |
"City Moon" Skin
by Animal Skin