Top
<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
Alvar Aalto ハイスツール!
定期的にイスの紹介をしていこうと、前回Maarten Van Severenの03.を紹介しましたが、すっかり間が空いてしまいました。
今回はハイスツールの紹介です。
通常のイスの座面高さは床から420mmとか450mmが多いのですが、大体テーブルの高さが700mmで、座面とテーブル高さとの差が250〜300mm程度が一番使いやすいレンジのようですね。ではでは、テーブルの高さがもう少し高くなった場合はどうしましょうか。最近スタバとかカフェでテーブル高さが高いケースがありますね。そういう場合は、座面高さが高いハイチェアーを使っていますね。でもデザインが入っているハイチェアーは何故かトンガッテいて未来的なデザインが多いんですよね。脚がスチールで座面がポリカーボネードとか。
そんな中で、住宅でも違和感無く使えるのが今回紹介しますフィンランドの巨匠アールトの「64」と「K65」です。(artek社製)
c0225122_102157.jpg

↑「64」は座面高さ650mmですので、カウンター高さが950程度だとベストチョイスですね。
c0225122_103934.jpg

↑「K65」は600mmになります。価格の方も、巨匠デザインチェアーの中でも低めに抑えられていていいですね。
アールトの家具は他にもいくつかあるので、例えばダイニングチェアーは↓「611」にするというのもいいのではないでしょうか。
c0225122_15832.jpg

秋葉原のヤマギワのショールームに行くと実物に触れることができます。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-04-25 01:06 | 建築と家具と椅子 | Comments(0)
N値計算!
木造架構において、一般的に柱と柱の間に耐力壁があって、通常筋かいや構造用合板を使って地震時等の架構の変形を抑制しています。しかし建物に地震等水平力が加わると、柱への引き抜き力として変換されて力が加わります。その柱に取り付く耐力壁の壁倍率を考慮して引き抜き力を簡易的に算出する方法としてN値計算というのがあります。
c0225122_1654943.jpg

まず架構をモデル化し、壁倍率を設定し、計算式に代入することによって、各々の柱に生じる力を算出します。
柱梁の接合部に算出された必要耐力(引き抜き)以上の金物を選定することによって、柱の抜け落ちを防ぐことができます。
建設省告示第1460号の規定どおりに金物を選定した場合よりも、金物の数やサイズを下げることができ、コストダウンにつながります。告示は包括的に取り決めているのでどうしてもオーバースペックとなってしまいますが、物件毎にモデル化してN値計算することによって、必要な箇所に必要な金物を選定できるんですょ。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-04-24 16:19 | 建築と図面 | Comments(0)
地縄張り 遣り方!
I邸ですが、青木工務店様との工事請負契約、現場での地縄張りと遣り方(やりかた)を行いました!
c0225122_1581484.jpg

確認申請も下り、工事契約も行いましたので、工事開始です。
今回は10月末竣工予定で、約6ヶ月の工期です。
今までは事務所での設計図作りでしたが、今日からはその設計図を実際の敷地に落とし込んでいきます。
まずは建物外周部の芯を落し込みます。写真のように、基礎の中心線となる位置に水糸を張るために、建物位置の外側に、水杭・水貫を設定し、そこに水糸を張ります。この高さと位置を基準に基礎を作っていきます。「水」とは「水平線」の意味で、全て「水平線」に置き換えると覚えやすく分かりやすいですね。水平線用の糸とか、水平線用の杭とか。
c0225122_15234248.jpg

また建物4隅に杭を打ち(地杭)、それらを縄やビニル紐(地縄)で囲い、建物位置を敷地に表しました。(地縄張り)
写真は、青木工務店の山田さんがお客様に説明しているところ。その奥に見えるのが、青木工務店の浅見さん。
青木工務店さんと施主様のお兄さんと弊社とで協働し、お客様の満足できる立派な住宅を作り上げていきます!
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-04-24 15:22 | 建築と現場 高円寺I邸 | Comments(0)
国立駅前!
以前国立駅前について紹介しましたが、また国立駅前に行くことがあり、再度同じアングルから写真を。
c0225122_20523848.jpg

前回は2月でしたが、今回は幸運にも桜が満開!
駅に降りて、駅前にこんな景色が広がるところが他にあるでしょうか。
あるかもしれませんが(笑)、負けず劣らずここもすごいですね。
益々国立が好きになりました。
この桜並木の部分は、プリンスホテルの所有地なんですね。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-04-12 20:54 | 建築と街 | Comments(0)
内観模型!
前回に引き続き、T邸の内観写真を公開。
c0225122_142831100.jpg
c0225122_14284035.jpg

手前がキッチン・ダイニング。中央吹き抜けを挟み、奥側がリビングです。
上部南側ハイサイドライトからの光が、天井面を照らして明るくなる様子が模型でも確認できますね。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-04-12 14:29 | 建築と模型 | Comments(0)
東側立面検討!
府中T邸ですが、先日図面にて立面検討を紹介致しましたが、1/50模型も作り、多角度から眺め全体的にどう見えるか検討継続!
・北側に窓を寄せた案
c0225122_22381275.jpg
c0225122_22382259.jpg
c0225122_22382887.jpg

・バラバラと窓がある案(敷地周囲の家との位置関係から窓を決定)
c0225122_22403867.jpg
c0225122_22404432.jpg
c0225122_2240525.jpg

・中央にどーんと大きな窓案
c0225122_22414731.jpg
c0225122_22415823.jpg
c0225122_2242981.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-04-09 22:42 | 建築と模型 | Comments(0)
確認申請提出!
進行中のI邸ですが、確認申請書を民間審査機関に提出しました!
c0225122_2221667.jpg

建築基準法及び関連法規・条例などに合致した内容で設計をしているかどうかの審査です。
民間審査機関に提出した場合は、書類が役所関係各課と所轄消防署に一部ずつ廻り、各チェックを受けていく流れ。今回の規模の建築ですと通常2週間後程度で下付(返却)となりますが、こればかりは役所の処理スピード待ちですので、予定よりも早く返却される場合もありますし、場合によっては少し遅れる場合もあります。

確認申請下付となれば、いよいよ工事着工です!
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-04-09 22:22 | 建築と手続き | Comments(0)
スウェーデン式サウンディング試験!
計画敷地の地盤調査をしてきました!
c0225122_11352100.jpg

このエリアは埋蔵文化財包含エリアに指定されており、早めに地質調査を行い、地盤改良の有無を早めに判断する必要があります。国の文化財保護法が上位にあり、行政庁側で埋蔵文化財保護条例が制定されているんですね。もし柱状地盤改良などで地中に埋まっている文化財を傷付けることがないよう、配慮する必要があります。
c0225122_113592.jpg

詳細な地盤状態の考察は、地盤調査会社による結果が提出されてからとなります。
今回は住宅規模の地盤調査では定番のスウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)です。手動式・半自動式・自動式の3種類あり、今回は自動式でした。鋼管に1KNの荷重を加え、0.25m貫入するのに何回転するかを基に、地盤の地耐力と5測定点での偏差を調査します。調査結果により、地盤改良が必要かどうか見極めます。もとを辿ると名前の通りスウェーデンから持ち込まれた地盤調査方法ですが、日本の地形地質に合わせて改良を加えられた方式です。例えば海外ではオランダの地盤調査技術レベルが高いようですね。オランダ式の地盤調査試験もあります。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-04-06 12:01 | 建築と機械 | Comments(0)
府中市T邸_立面検討中!
進行中の府中市T邸ですが、メインのファサードとなる東側立面を鋭意検討中!
c0225122_18265919.jpg

c0225122_1832268.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-04-05 18:32 | 建築と図面 | Comments(0)
改修-目黒S邸竣工しました!
設計に携わりました改修案件の目黒S邸が竣工しました!
c0225122_1830362.jpg

使用できる構造はそのまま使い、部分的に補強や構造の追加を行い、内外装共に改修しました。設計に携わった住宅案件で初めての竣工でしたので、「あの時あの線を引いた部分」が現物として立ち上げっており、うれしい限り。
c0225122_18304495.jpg

既存の柱梁が新築とは違った持ち味を発揮しています。
c0225122_18315874.jpg

大きなfix窓と、唐松の無垢フローリング。
c0225122_18324935.jpg

キッチンにも大きな窓を配し、とても明るく開放的。
c0225122_18341671.jpg

外壁はガルバリウム鋼板でチョコ色です。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-04-03 18:34 | 建築と写真 竣工前 | Comments(0)
| ページトップ |
"City Moon" Skin
by Animal Skin