Top
カテゴリ:建築と街( 18 )
Top▲ |
牛窓から前島へ!
今日は打合せで、牛窓からフェリーで前島へ。
瀬戸内海は美しい。

丸菱建築計画事務所
c0225122_2356623.jpg
c0225122_23561496.jpg

c0225122_235929.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2015-05-13 23:56 | 建築と街 | Comments(0)
<山を望む>プロジェクト 基本構想業務進めています!
<山を望む>プロジェクト 基本構想業務を進めています!
敷地の特徴は、3つこぶのようなゆるやかな起伏のある美しい山並みが見える事です。
この山並みへの眺望を最大限に確保した建築を構想中です。
基本構想段階でコンセプトをしっかり固めておくことで、今後の詳細設計において、様々な要望や条件が出たとしても、ぶれることなく進めていくことができます。

丸菱建築計画事務所

c0225122_13171742.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2015-02-02 13:20 | 建築と街 | Comments(0)
今日の一枚 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館!
今日の一枚は、谷口吉生氏の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館。
エントランスホールの写真。
15年前から何度も訪れていますが、いつ訪れてもデザイン的な古さを感じない永遠の美しさがあります。
今回訪問してみても、随所で感動してしまいます。
本当にすごい建築です。

丸菱建築計画事務所
c0225122_1843830.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2014-12-04 18:05 | 建築と街 | Comments(0)
<再投稿>東京スカイツリーはホントにかっこいいのか?
新宿区在住ですが、先日近所の交差点から東京スカイツリーが見えました。
かなり遠いはずなのに新宿から見えるとは、よほど高いのでしょう。
すごいですね。
c0225122_19573228.jpg

ところで、みなさんどうなんでしょう?
スカイツリーってホントにかっこいいの?かな、と思ったり。
みんな、無条件に受け入れているような気がしますが、ちょっと冷静に選球してみましょう。
建築家安藤忠雄氏と彫刻家澄川喜一氏がデザインしたらしいです。
大御所2人のコラボということなんでしょう。
でもあんまり安藤さんはスカイツリーについて語りませんよね。
そのあたりちょっと気になりますが。(思い通りのデザインにならなかったとか?)
江戸の火消しが使っていた纏(まとい)のように見えてくるのは私だけでしょうか。
c0225122_2021858.jpg

スカイツリーの展望階が、いかにも展望室つくりました!って感じが。。
この違和感は新奇的なものへの拒絶感なのか、ただまだ見慣れないだけなのか。
東京タワーの方がエレガントにみえるのは私だけか。
c0225122_2051396.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2012-05-21 11:30 | 建築と街 | Comments(13)
桜もそろそろ終わり頃。
春ですが、桜はそろそろ終わり頃ですね。
今年もきれいな桜が咲きましたね。
今年は、神田川の面影橋付近の桜とか、日本橋高島屋近くの桜並木とか、代々木公園の桜とかを見ましたょ。
今日会社近くの都庁で昼食をとって足元に降りてきたところ、ここにも桜が。
天気も良いのでみなさん桜の下で弁当食べたりしていますね。
c0225122_13194291.jpg

写真とりましたが、決して脚フェチ写真ではないですよ~。
桜の下でベンチや植栽帯の縁に座っている人の脚の組み方が面白いなぁーと思って。
この写真で写っている人の9割は脚を組んでいますょ。手前も奥も。
イスの高さと太ももの高さと、その上の弁当を食べやすい高さにするのにみんな脚を組む必要があるのか。笑。または、こういう場所ではどことなく脚を組みたくなるのか。
脚を組みたくなる仕組みを研究してみたくなりましたっ。笑。
といいつつも、そんな私も脚を組んでいました。。
c0225122_13264879.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2012-04-12 13:26 | 建築と街 | Comments(0)
百人町文化通り!
最近の大久保通りはすごいですよね。
韓流・韓流・韓流と、韓国熱がすごいっ。
週末の大久保通りは歩道もぎゅうぎゅう。
竹下通り状態になってます。
若年は原宿、高齢の方は巣鴨、中年は大久保という感じ?なのか。中年に限らず幅広い層が集まってるかも。
以前は脇道まではさほど店がなかったけど、今は脇道という脇道にもドンドン韓国料理のお店が進出していますよ。

とはいえ、韓流以外も頑張っています。
新大久保駅の西側に百人町文化通りというのがあって、それがこの写真。
c0225122_21283447.jpg

右にはイスラム系の食料雑貨屋があって、角でトルコ系なのかケバブ販売してるんですよ。
その上には韓国料理店の看板。その左には中国系のマッサージ店とか、またイスラム系の食料雑貨店。
街行く人も、日本人は10人に4人ぐらいかな。笑。その4人もモヒカン頭だったり、ちょっと人相が悪かったり、結構すごいんですよ。あとは、中国・インド・韓国・イスラム・東南アジア・中南米となんでも来いですょ。
その間をぬって私はいつも帰路についてます。笑。ひょっとして僕も日本人と思われていなかったりして。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2012-04-10 21:34 | 建築と街 | Comments(0)
2012年 明けましておめでとうございます!
2012年明けましておめでとうございます!
年末年始は実家の岡山に帰省しておりました。
初詣は、岡山の牛窓の牛窓神社に行ってきました!
海辺にあるアプローチが面白そうなので行ってきました。
場所は海水浴場の直ぐそば。
風もなく、瀬戸内海はホント穏やか。湖みたいに波が全くないですね。
c0225122_10335882.jpg

対岸に見えるのは前島というフェリーで5分の島です。
c0225122_10343215.jpg

参道の階段を登っていくのですが、両脇から木が覆いかぶさり、空に向けて円筒状の空間が続いています。トンネルみたいですね!
c0225122_10355455.jpg

上から木漏れ日が落ちてきます。
c0225122_10361750.jpg

上までたどり着くと社があります。
c0225122_10372260.jpg

[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2012-01-06 10:37 | 建築と街 | Comments(0)
喫茶店 クルミド 西国分寺駅前!
前回より御案内しております府中市T邸のオープンハウスですが、最寄り駅は中央線の西国分寺駅となっています。オープンハウスの後にちょっとコーヒーでもという方にお勧めなのが、クルミドという喫茶店です。
場所は、西国分寺駅南口のバスターミナルの西側すぐ(駅改札からターミナルに出てすぐ右側50m)の交差点角にCURUMEDという看板が見えるかと思います。
喫茶店ですがなぜかクルミが食べ放題です。笑。クルミ好きにはたまりませんね。お店の由来になっているのでしょうかね。
内装が非常に面白く、またスケールの小さなイスや小物やあなぐらがあったりと、面白いですよ。是非お立ち寄り下さい。
c0225122_1451658.jpg

きのこ型のクルミ割り器。キノコの頭を回転させると中に入れたクルミが割れる仕掛け。キノコ型コレクターにはお勧め。販売もしています。店内にはいろいろな種類のクルミ割り器があります。
c0225122_1453011.jpg

壁面の板は、種々雑多なフローリング材で材質も塗装もまちまち。面白いですね。
c0225122_1454035.jpg

c0225122_145492.jpg

ひょっとしてクルミの殻の中のような入りくんだ・守られた空間をコンセプトとしてクルミドという店名なのかも。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2011-01-24 14:09 | 建築と街 | Comments(2)
アプローチ!
街を歩いていて、気になったアプローチを撮影。
c0225122_1402256.jpg

数年前もここの前を歩いていて、いいなと思っていたのですが、偶然先日も歩いていて、いいなと思ってしまいました。下は大谷石?の石畳で、両サイドから木がもさっと覆いかぶさってくる感じ。ちなみにここは、代官山の洋服店APCのエントランス。代官山駅降りて、代官山アドレスの表側の入口前交差点を西に入ったところ。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-09-05 13:58 | 建築と街 | Comments(0)
九段下駅前の歩道石割り!
昨年の冬にとある場所の歩道の石割り付け図面を紹介しましたが、現場に行ってみたところ施工が終わっていました!
c0225122_2158381.jpg

こちらが以前作成した割付図面です。
それが
c0225122_21583973.jpg

このように舗装できていました。
場所は、靖国通りの九段下交差点から田安門交差点までの歩道両側。千鳥ヶ淵・九段会館・靖国神社・日本武道館などに行く時には、私が描いた図面の石割上を歩いていく形となります。笑。
c0225122_2159466.jpg

300角のブルーとホワイトが透水性平板で、300*600のがスリット入りの御影石です。透水性平板の目地は砂で2mm幅、御影石の目地はモルタルで6mm幅。
c0225122_21592456.jpg

c0225122_21593512.jpg

御影石には、雨天時等の転倒やスリップ防止の為、進行方向と90度の向きに幅4mm*深さ1.5mmのスリット状の溝をつけています。実際靴底で両方向にこすってみても滑り感がやはり違いますね。この靖国通り沿いは靖国神社から九段下交差点に向けて下り坂になっていて、特に路面仕上げには注意が必要ですね。花見シーズンに千鳥ヶ淵に行かれる方は是非足元もみてみて下さいね。
[PR]
Top▲ | by kajinoryuji | 2010-06-25 22:00 | 建築と街 | Comments(2)
| ページトップ |
"City Moon" Skin
by Animal Skin